おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

高尿酸血症治療薬(痛風治療薬)

高尿酸血症・痛風ガイドライン改訂第3版のポイントは臓器保護・心血管保護での薬剤使用有無

投稿日:2019年1月22日 更新日:

高尿酸血症・痛風ガイドライン改訂第3版のポイントは臓器保護・心血管保護での薬剤使用有無

 

高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン改訂第3版が発行されました。

改訂第3版での主な変更点

 

臓器保護を目的として尿酸降下薬を使用すべきか否かという問題について、腎臓保護の観点からは腎機能低下を抑制する目的に尿酸降下薬を用いることを条件付きで推奨する。

 

一方、心血管病発症リスク軽減を目的とした尿酸降下薬の使用に関しては、条件付きで推奨されない。(ただし、降圧薬使用中の高血圧患者さんでは痛風や腎障害を合併しやすいため、痛風や腎障害の抑制を目的に尿酸降下薬の投与は推奨される)

gout-guidlines

gout-guidlines

CQ2:腎障害を有する高尿酸血症の患者に対して、尿酸降下薬は非投薬に比して推奨できるか?

 

回答:「実施する」ことを条件付きで推奨する(エビデンスの強さ:B(中))

フェブリク錠とトピロリック錠(ウリアデック錠)の違いについて

腎障害を有する高尿酸血症患者に対して、腎機能低下を抑制する目的に尿酸降下薬を用いることを条件付きで推奨する。(欧米のガイドラインでは痛風発作を起こしていない腎障害を有する無症候性高尿酸血症に対して尿酸降下薬の投与は推奨されていません)

 

 

CQ3:高尿酸血症合併高血圧患者に対して、尿酸降下薬は非投薬に比して推奨できるか?

 

回答:「実施しない」ことを条件つきで推奨する(エビデンスの強さ:D(非常に弱い))

 

高尿酸血症合併高血圧患者に対して、生命予後ならびに心血管病発症リスクの軽減を目的とした尿酸降下薬の使用は積極的には推奨されない。

痛風発作時にザイロリック(アロプリノール)を投与した場合の痛みの程度を白血球の動きから推測する

その他の変更点

 

・高尿酸血症の新規病型分類:腸からの排泄低下により血清尿酸値が上昇する「腎外排泄低下型“

 

・動脈硬化・心不全・腫瘍崩壊症候群・小児の高尿酸血症・医療経済の項目が新規に追加

 

などです。

-高尿酸血症治療薬(痛風治療薬)
-ガイドライン, 変更点, 尿酸, 痛風, 腎機能, 臓器保護

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

feburic-ckd

フェブリクを飲むと腎機能低下が抑制される/フェブリクは動脈硬化の進展を抑制する効果はない

目次 フェブリクを飲むと腎機能低下が抑制される/フェブリクは動脈硬化の進展を抑制する効果はない高尿酸血症合併高血圧症についてフェブリク錠には動脈硬化進展を抑制する効果はない結果フェブリクを飲むと腎機能 …

uralyt-effect

ウラリット(クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム)が尿酸排泄を促進させる具体的効果について

ウラリット(クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム)が尿酸排泄を促進させる具体的効果について 患者さんにお薬をお渡しするときに、残薬(家に残っている薬)を確認するのですが、残薬となりうる薬には同じような …

gout-allopurinol-effect-pain

痛風発作時にザイロリック(アロプリノール)を投与した場合の痛みの程度を白血球の動きから推測する

目次 痛風発作時にザイロリック(アロプリノール)を投与した場合の痛みの程度を白血球の動きから推測する尿酸値の上昇は遺伝的要因が強く、食事の影響はごくわずか?尿酸値と食事まはた遺伝に関する詳細痛風発作急 …

Feburic-Zyloric-comparison

フェブリク錠とザイロリック錠の比較試験が早期に中止となる

フェブリク錠とザイロリック錠の比較試験が早期に中止となる   痛風の患者さんは心血管リスクが増加する傾向にあります。心血管疾患を有する痛風患者さんを対象としてフェブリク錠とザイロリック錠につ …

Zyloric-Peripheral-arterial-disease

ザイロリック(アロプリノール)による末梢動脈疾患リスクの減少について

ザイロリック(アロプリノール)による末梢動脈疾患リスクの減少について   ザイロリック(アロプリノール)の服用が高齢者の末梢動脈疾患リスクを低下することについて米国の研究チームが報告を行いま …