おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

糖尿病

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始

投稿日:2019年2月26日 更新日:

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始

 

テルモは2019年2月25日、インスリン自己注射針“ナノパスJr.”の発売を開始しました。

nanopass

nanopass

ナノパスJr.とは長さ3mm、外径0.18mm(34G)という規格のインスリン用の針で、既存の針に比べて長さが1mm短くなりました。注射針の長さを短くすることで、注射時の痛みを軽減する目的です。小児や、やせ型、皮膚の薄い患者さんに使いやすい剤形となっています。ナノパスJr.のパッケージ(外観)にはパンダの絵が描いてあり、“こわくない注射針”というコンセプトが伝わります。ナノパスJr.の発売により

小児=ナノパスJr.

というイメージをつけることがメーカーとしての戦略なのかもしれません。小児にとっては医療=コワイという印象が心の中にありますので、そのあたりを”かわいい”、”こわくない”というイメージで緩和することは重要に感じます。

尚、既存のナノパスニードルⅡ34Gは引き続き販売が継続されます。

 

既存の針

ナノパスニードルⅡ34G:長さ4mm、外径0.18mm(先端部分の外径が0.18mm、根元部分の外径は0.24mm)

ナノパスJr.のプレスリリース2019

-糖尿病
-やせ型, ナノパスJr., 小児, 皮膚の薄い人, 3mm

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について ビタミンD摂取が肥満患者におけるインスリン感受性を改善するかどうかに関してイタリアの研究チームが3か月間の調査結果を公開しました。 対象 糖尿 …

type-1-diabates-infant

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告   1998年空2012年に英国で生まれた383万4405人の小児のうち2969人が幼児期に1型糖尿病を発症しています …

statin-DM-T2d

コレステロールの薬を飲み続けて大丈夫ですか?

目次 コレステロールの薬を飲み続けて大丈夫ですか?スタチン製剤を服用すると大腸がん患者の死亡リスクが下がる?(2019年5月)スタチン製剤を飲み続けた場合のリスクについて国内で使用されているコレステロ …

insulin-resistance

「インスリン抵抗性」の意味を調べてみました。

目次 「インスリン抵抗性」の意味を調べてみました。脳がインスリン抵抗性を指示している血液中の脂肪酸濃度が高いとインスリン抵抗性がUPする説まとめ 「インスリン抵抗性」の意味を調べてみました。 &nbs …

LANTUS-TRESIBA

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)

目次 ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)~トレシーバとランタスの効果を比較したDEVOTE試験について~ ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減 …