おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

糖尿病

インスリン製剤は「前回の注射箇所から少なくとも2~3cm離す」

投稿日:

インスリン製剤は「前回の注射箇所から少なくとも2~3cm離す」

厚生労働省はインスリン製剤の注射箇所を「少なくとも前回の注射箇所から2~3cm離す」ことや注射箇所に腫瘤「しこり・こぶなど」や硬結(硬くなること)がみられた場合は「その箇所への注射を避けること」をインスリン製剤の添付文書に記載することをもとめました。

インスリン製剤は「前回の注射箇所から2~3cm離す」

インスリン製剤は、体の同じ個所へ繰り返し注射することで、その部位が「皮膚アミロイドーシス(皮膚に繊維状の異常たんぱく質が沈着する疾患)」または「リポジストロフィー(注射部位などに脂肪組織の異常が生じる疾患)」といった疾患が生じやすくなります。

 

皮膚アミロイドーシスやリポジストロフィーが生じた部分にインスリン製剤を投与した場合、吸収が妨げられ、十分な血糖コントロールが得られなくなることがある(適切な量のインスリンが体内吸収できず、血糖が下がりきらない)

 

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始(2019年2月26日)

 

テルモは2019年2月25日、インスリン自己注射針“ナノパスJr.”の発売を開始しました。

nanopass

nanopass

ナノパスJr.とは長さ3mm、外径0.18mm(34G)という規格のインスリン用の針で、既存の針に比べて長さが1mm短くなりました。注射針の長さを短くすることで、注射時の痛みを軽減する目的です。小児や、やせ型、皮膚の薄い患者さんに使いやすい剤形となっています。ナノパスJr.のパッケージ(外観)にはパンダの絵が描いてあり、“こわくない注射針”というコンセプトが伝わります。ナノパスJr.の発売により

小児=ナノパスJr.

というイメージをつけることがメーカーとしての戦略なのかもしれません。小児にとっては医療=コワイという印象が心の中にありますので、そのあたりを”かわいい”、”こわくない”というイメージで緩和することは重要に感じます。

 

尚、既存のナノパスニードルⅡ34Gは引き続き販売が継続されます。

 

既存の針

ナノパスニードルⅡ34G:長さ4mm、外径0.18mm(先端部分の外径が0.18mm、根元部分の外径は0.24mm)

ナノパスJr.のプレスリリース2019

-糖尿病
-やせ型, ナノパスJr., 小児, 皮膚の薄い人, 3mm

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

SGLT2-jardiance

フォシーガ錠に慢性腎臓病の適応症が追加

フォシーガ錠に慢性腎臓病の適応症が追加 フォシーガ錠5mg、同錠10mg 「慢性腎臓病。ただし、末期腎不全又は透析施行中の患者は除く」 上記効能効果が追加されました。再審査期間は4年間   …

icodec

週1回投与の基礎インスリン製剤の治験データについて

週1回投与の基礎インスリン製剤の治験データについて   ノボノルディスクが開発を進めている週1回タイプの長時間基礎インスリンアナログ製剤「インスリンicodec」の治験データが公開されました …

DPP4-inhibitor-Acute-pancreatitis-Pemphigoid

DPP4-阻害剤の重大な副作用に「急性膵炎」「類天疱瘡」が追加となる

DPP4-阻害剤の重大な副作用に「急性膵炎」「類天疱瘡」が追加となる   厚生労働省はトラゼンタやスイニーなど、DPP-4阻害剤の重大な副作用に「急性膵炎」「類天疱瘡」を追加することを公開し …

厳格な血糖コントロールをしているうちは心血管リスクを低く保つことができるが・・

厳格な血糖コントロールをしているうちは心血管リスクを低く保つことができるが・・   2型糖尿病患者さんにおいて、HbA1cを厳格に管理した群と標準管理した群における心血管リスクに関する報告が …

gain-fat-Predonine-steroid

プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について

プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について   プレドニンなどのステロイド薬を飲み続けると、少しずつ体重が増えていく方がおります。この理由には複数の要因があるようなので、プ …