おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ビタミン 抗コレステロール薬 糖尿病

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

投稿日:2018年5月3日 更新日:

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取が肥満患者におけるインスリン感受性を改善するかどうかに関してイタリアの研究チームが3か月間の調査結果を公開しました。

対象
糖尿病を患っていないビタミンD欠乏症患者18人(BMI>25kg/㎡)

調査内容
3か月間にわたり以下の食事を摂取した時のインスリン感受性を調査しています。
経口ビタミンD摂取群:低コレステロール食+経口コレカルシフェロール(25000IU/週)
プラセボ群:低コレステロール食+プラセボ
(両群ともにn=9)

ビタミンD摂取がインスリン抵抗性を改善する可能性について

vitamine-D

vitamine-D

結果
両群ともに有意な体重減少が確認されました。
経口ビタミンD摂取群:-7.5%
プラセボ群:-10%
体重減少において両群に差はみられませんでした。

経口ビタミンD摂取群において血清25-ヒドロキシビタミンD濃度の上昇が確認されました。(36.7±13.2nmol/L→74.8±18.7nmol/Lへ上昇)

インスリン感受性の変化
経口ビタミンD摂取群:4.6±2→6.9±3.3mg/kg/min)
プラセボ群:4.9±1.1→5.1±0.3 mg/kg/min)

低コレステロール食とビタミンD製剤の摂取は、非糖尿病肥満患者においてインスリン感受性を有意に改善する可能性が示唆されたと筆者らはまとめています。

同グループはビタミンDの血中濃度とインスリン感受性および肥満におけるBMIとの相関についても報告しており、生活習慣病予防におけるビタミンDを含む食品の有用性に関する調査が進むかもしれません。

ビタミンDの1日の推奨摂取量は成人男性・女性ともに5.5μg程度となっており、食品としては魚類(干物・焼き・生食)に多くふくまれています。通常の食生活ではビタミンDの摂りすぎとなることはありませんが、サプリメントや医薬品を摂取している場合は念のため過剰摂取に注意が必要となります。

ビタミンD摂取がインスリン抵抗性を改善する可能性について

血中ビタミンD濃度と癌の発症リスクに関する日本人を対象としたデータ

血中ビタミンD濃度と癌の発症リスクに関する日本人を対象としたデータ

 

-ビタミン, 抗コレステロール薬, 糖尿病
-インスリン感受性, インスリン抵抗性, ビタミンD, 改善, 糖尿病, 肥満

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Bardoxolone-Methyl

糖尿病性腎臓病改善薬 “バルドキソロンメチル(RTA402)”が先駆け審査指定対象品目に

糖尿病性腎臓病改善薬 “バルドキソロンメチル(RTA402)”が先駆け審査指定対象品目に   2018年3月27日、厚生労働省は「先駆け審査指定制度対象6品目」を公開しました。この6品目は通 …

DPP4-inhibitor-Acute-pancreatitis-Pemphigoid

DPP4-阻害剤の重大な副作用に「急性膵炎」「類天疱瘡」が追加となる

DPP4-阻害剤の重大な副作用に「急性膵炎」「類天疱瘡」が追加となる   厚生労働省はトラゼンタやスイニーなど、DPP-4阻害剤の重大な副作用に「急性膵炎」「類天疱瘡」を追加することを公開し …

type2-diabetes-propecia-avolve-zagallo

アボルブ・ザガーロ・プロペシアを飲むと糖尿病発症リスクが1.3倍増加する?

アボルブ・ザガーロ・プロペシアを飲むと糖尿病発症リスクが1.3倍増加する?   イギリス・台湾での大規模臨床データによると前立腺肥大症治療薬アボルブ・男性型脱毛症治療薬ザガーロ・プロペシアの …

type-1-diabetes-hba1c

1型糖尿病患者における超低炭水化物食によるHbA1c管理について

1型糖尿病患者における超低炭水化物食(VLCD)によるHbA1c管理について   1日の炭水化物摂取量を30g程度で管理する超低炭水化物食を行った1型糖尿病患者群に関するデータが開示されまし …

fibrate-statin

スタチンとフィブラートの併用が可能になる(2018年10月16日)

スタチンとフィブラートの併用が可能になる(2018年10月16日)   「原則禁忌」とされていたスタチン系薬剤とフィブラート系薬剤の併用が可能となりました。厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全 …