おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ビタミン 抗がん剤

血中ビタミンD濃度と癌の発症リスクに関する日本人を対象としたデータ

投稿日:2018年3月30日 更新日:

血中ビタミンD濃度と癌の発症リスクに関する日本人を対象としたデータ

 

日本人を対象として血液中のビタミンD濃度と癌の発症リスクに関するデータが公開されました。その結果、血中ビタミンD濃度と癌の発症リスクとは逆相関することが示されました。(ビタミンD濃度が高い方ほど癌の発症リスクが低い)。

既存の治療として骨粗鬆症の治療・予防に関してビタミンD製剤の有益性は認識されておりますが、今回はビタミンD製剤による細胞周期やアポトーシス調整といったシグナル伝達経路を介した悪性細胞の増殖抑制作用に関する国内データが開示されました。

 

対象:癌発症例(3301例)とランダムに選出された4044例

調査項目:血中ビタミンD濃度と癌発症リスクとの関連について

日本人における血中ビタミンD濃度と癌発症リスクに関する情報

vitamine-d-1

vitamine-d-1

結果

血中ビタミンD濃度は四季により濃度が異なり、夏または秋に採血した時の濃度が冬または春に採血した時の濃度よりも高い傾向にありました。

ビタミンD製剤“エディロールカプセル”の効果について

血液中ビタミンD濃度の低い群から順に1群、2群、3群、4群とした時に、ビタミンD濃度が一番低い1群と比較して、各群の癌発症総リスクのハザード比はそれぞれ

2群:0.81(0.71 〜0.94)

3群:0.75(0.65〜0.87)

4群:0.78(0.67〜0.91

注:カッコ内は95%信頼区間(有意差あり)

となりました。上記のデータからビタミンD濃度が一番低い1群と比較すると2〜4群は癌の発症リスクが20〜25%ほど低下していることがわかります。

 

特定の部位における癌とビタミンD濃度との関係を見てみると肝臓癌と血中ビタミンD濃度との間に逆相関が確認されました。(有意差ありP=0.006)。本研究以外のデータではありますが、閉経前乳癌や肺がん、前立腺癌でも血中ビタミンD濃度と各癌との間に逆相関が報告されております(有意差あり)。

1ヶ月に1回飲む骨粗鬆症の薬の副作用は1か月つづくの?という質問について

今回のデータを見る限り、血中ビタミンD濃度が上がれば上がるほど癌リスクが減るという解釈ではなく、一定以上の血中ビタミンD濃度が確保されていれば、ビタミンD濃度が低い群と比較して癌発症リスクが減るという解釈かと思います。そのためむやみやたらに血中ビタミンDをあげるというよりは、「ビタミンDを下げないような食生活を心掛ける」という解釈がいいのではないでしょうか。

 

ビタミンDの1日の推奨摂取量は成人男性・女性ともに5.5μg程度となっており、食品としては魚類(干物・焼き・生食)に多くふくまれています。通常の食生活ではビタミンDの摂りすぎとなることはありませんが、サプリメントや医薬品を摂取している場合は念のため過剰摂取に注意が必要です。

ビタミンD製剤“エディロールカプセル”の効果について

 

-ビタミン, 抗がん剤
-ビタミンD, 押さえる, 日本人, , 発現リスク

執筆者:ojiyaku


  1. […] 血中ビタミンD濃度と癌の発症リスクに関する日本人を対象としたデータ […]

  2. […] 血中ビタミンD濃度と癌の発症リスクに関する日本人を対象としたデータ […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

obesity-Pancreatic-cancer

肥満が膵臓と小腸の癌細胞の除去を抑制してしまうことを北海道大学の研究チームが報告

肥満が膵臓と小腸の癌細胞の除去を抑制してしまうことを北海道大学の研究チームが報告   北海道大学の研究チームが「肥満が上皮組織からがん細胞の除去を抑制する」ことをマウスをつかった実験で明らか …

CD8T-cancer-probiotics

11種類の腸内細菌を飲むことが“がん治療”へつながる可能性について

11種類の腸内細菌を飲むことが“がん治療”へつながる可能性について   慶応義塾大学の研究チームが、がん細胞への治療に11種類の腸内細菌の有用性を見出したことを英科学雑誌natureに報告し …

Lynparza

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示

リムパーザ錠が発売開始/海外では転移性乳がんでの治療を目的とした臨床試験データ開示   2018年4月18日、リムパーザ錠100mg/150mgの発売が開始されました。 適応症:白金系抗悪性 …

HYDROCHLOROTHIAZIDE

ヒドロクロロチアジドの累積服用量と基底細胞癌・扁平上皮癌の発症リスクについて

ヒドロクロロチアジドの累積服用量と基底細胞癌・扁平上皮癌の発症リスクについて   日本国内での使用量はそれほど多くありませんが、海外で利尿・降圧剤として頻用されているヒドロクロロチアジドにつ …

Zyprexa-stomac-pain

ジプレキサが「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の適応症を取得

ジプレキサが「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐)」の適応症を取得   2017年12月26日、ジプレキサ錠・ザイディス錠・細粒に 「抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等 …