おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

潰瘍性大腸炎治療薬 糖尿病

2型糖尿病患者におけるDPP4阻害薬服用が炎症性腸疾患(IBD)リスクを増加させる

投稿日:2018年4月2日 更新日:

 

2型糖尿病患者におけるDPP4阻害薬服用が炎症性腸疾患(IBD)リスクを増加させる

 

2型糖尿病患者さんにおけるDPP4阻害薬の服用が炎症性腸疾患(IBD)の発症リスクを増加させるという報告をカナダの研究チームが行いました。

炎症性腸疾患(IBD)とは、感染・薬剤性などが原因となる“特異性の炎症性腸疾患“とクローン病・潰瘍性大腸炎などの”非特異性炎症性腸疾患”とに大別できます。

 

今回の報告は炎症性腸疾患全体をターゲットとしていますので、クローン病や潰瘍性大腸炎を患っている2型糖尿病患者さんにおいて、服用薬剤の見直しにつながるかもしれません。

 

対象:2007年1月~2016年12月の期間に糖尿病治療を開始した14万1170人

DPP4阻害薬服用による炎症性腸疾患(IBD)リスクの増悪

dpp4i-ibd

dpp4i-ibd

結果:全体として208例の炎症性腸疾患が発生

 

DPP4阻害薬服用群:53.4人/10万人年あたり

その他の糖尿病治療薬服用群:34.5人/10万人年あたり

動物性脂肪の摂取がDPP4阻害薬の効果を減弱する

ハザードリスクとしてはDPP4阻害薬を服用すると炎症性腸疾患の発現頻度が1.75倍高くなるという結果となりました。

 

さらにDPP4阻害薬の服用期間が長くなるにつれて徐々にリスクが上昇し、3~4年後に炎症性腸疾患の発現頻度がピークとなります(リスク:2.9倍)。その後は発現頻度が減少していき4年以上DPP4阻害薬の服用を続けると、炎症性腸疾患の発現リスクは1.45倍へ減少していきました。

DPP4阻害薬は2009年に登場して以来、単剤での使用は低血糖リスクが低く、禁忌や慎重投与が少ない血糖降下薬として国内市場が拡大したイメージがあります。クローン病や潰瘍性大腸炎などの寛解と再発を繰り返しているような患者さんがDPP4阻害薬を使用しているのであれば、その使用について再検討する価値はあるのかもしれません。

メトグルコ服用と体重増減について

動物性脂肪の摂取がDPP4阻害薬の効果を減弱する

-潰瘍性大腸炎治療薬, 糖尿病
-DPP4阻害薬, エクア, クローン病, 悪化, 潰瘍性大腸炎

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

nanopassjr

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始   テルモは2019年2月25日、インスリン自己注射針“ナノパスJr.”の発売を開始しました。 nanopass ナノパスJr.とは長さ3m …

LANTUS-TRESIBA

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)

目次 ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)~トレシーバとランタスの効果を比較したDEVOTE試験について~ ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減 …

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について ビタミンD摂取が肥満患者におけるインスリン感受性を改善するかどうかに関してイタリアの研究チームが3か月間の調査結果を公開しました。 対象 糖尿 …

SGLT2-jardiance

フォシーガ錠服用によるアルブミン尿・起床時の家庭内血圧改善効果について

目次 フォシーガ錠服用によるアルブミン尿・起床時の家庭内血圧改善効果についてジャディアンス錠(SGLT2阻害薬)による延命/腎症悪化防止に関する報告フォシーガ・オングリザによる腎保護作用・血糖降下作用 …

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について   2型糖尿病患者さんに対する血糖降剤“SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DP …