おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

糖尿病

動物性脂肪の摂取がDPP4阻害薬の作用を減弱する

投稿日:2018年1月4日 更新日:

動物性脂肪の摂取がDPP4阻害薬の作用を減弱する

 

日本人を対象としたDPP4阻害薬に関する興味深い報告がありました。報告によると動物性脂肪(飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸)の摂取量が多い人はDPP4阻害薬の効果が減弱するというものです(HbA1cが下がりにくいという報告です)

2006年9月から2017年6月までの約11年間においてDPP4阻害薬を単剤で1年間処方変更なく継続服用した2型糖尿病患者さんをピックアップして、 HbA1cの変動状況と食生活についての関係を報告しています。

 

結果、DPP4阻害薬の服用を開始して半年から1年において、HbA1cが上昇していた群は体重も増加しており、さらに食生活調査の結果、飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸の摂取量が有意に高いことが示されました。

 

炭水化物及びタンパク質の摂取量に関してはHbA1c維持群・上昇群ともに群間差は見られませんでした。

飽和脂肪酸(動物性脂肪)の取りすぎはDPP4阻害薬の作用を減弱する

この結果から、DPP4阻害剤単独療法におけるHbA1c低下効果において、過剰の飽和脂肪酸摂取は薬の効果を減弱させる可能性があると筆者らはまとめています。

 

飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸とは動物性脂肪に多く含まれている脂肪酸のことで、代表的な食品としては

バター・生クリーム・ラード・鶏皮・牛サーロイン・チーズ・ベーコンなど

年末年始の暴飲暴食によるメトグルコとアルコールの危険性について

加工食品として動物性脂肪が多い食品としては

カップ麺(インスタントラーメン)・ウインナー・チョコレート・ピーナッツバターなど

動物性脂肪の覚え方としては“常温・室温で固まっている油“です。常温で固まっている油を多く含む食品の取りすぎはDPP4阻害剤による糖尿病治療の妨げとなる可能性が報告されましたので、今後DPP4阻害剤を初めて服用する患者様には上記のような国内報告が上がっていることをお伝えしてもいいのかもしれません。

 

そもそもDPP4阻害剤は、その働きの一つに消化管の運動を遅らせて、食欲を抑える効果が備わっている薬だと認識しております。この働きを持つDPP4阻害剤を1年間服用してからも、体重増加が続くという患者様がいらっしゃった場合、これまでは「食べ過ぎ!」という認識でとどまってしまっておりました。

メトグルコ服用と体重増減について

しかし、今回の報告を受けて

「もしかしたら動物性脂肪の取りすぎかも・・」

と、より具体的な食品までお伝え出来るかもしれません。

 

調剤薬局で出来ることには限りがありますが、今回のような報告は調剤薬局においてお薬をお渡しした後の「プラス一言」としても活用出来るかもしれません。

年末年始の暴飲暴食によるメトグルコとアルコールの危険性について

-糖尿病
-DPP4阻害薬, インスタントラーメン, カップラーメン, チーズ, バター, ベーコン, ラード, 動物性脂肪, 牛肉, 阻害薬, 飽和脂肪酸

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

nanopassjr

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始   テルモは2019年2月25日、インスリン自己注射針“ナノパスJr.”の発売を開始しました。 nanopass ナノパスJr.とは長さ3m …

OZEMPiC

オゼンピック皮下注が1月26日に再承認審査

オゼンピック皮下注が1月26日に再承認審査   薬事・食品衛生審議会 医薬品第一部会が1月26日に行われます。新薬2製品が審議される予定です。 オゼンピック皮下注2mg 対象疾患:2型糖尿病 …

weight-metgluco

メトグルコ服用と体重増減について

目次 メトグルコ服用と体重増減について2型糖尿病患者さんにおけるメトグルコと体重メトグルコと食事療法 メトグルコ服用と体重増減について アメリカではメトグルコが過体重または肥満患者さんへ肥満改善を目的 …

LANTUS-TRESIBA

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)

目次 ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)~トレシーバとランタスの効果を比較したDEVOTE試験について~ ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減 …

type-1-diabates-infant

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告   1998年空2012年に英国で生まれた383万4405人の小児のうち2969人が幼児期に1型糖尿病を発症しています …