おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

前立腺肥大症 糖尿病

アボルブ・ザガーロ・プロペシアを飲むと糖尿病発症リスクが1.3倍増加する?

投稿日:2019年4月19日 更新日:

アボルブ・ザガーロ・プロペシアを飲むと糖尿病発症リスクが1.3倍増加する?

 

イギリス・台湾での大規模臨床データによると前立腺肥大症治療薬アボルブ・男性型脱毛症治療薬ザガーロ・プロペシアの服用により糖尿病発症リスクが増加する可能性が報告されました。

diabetes-risk

diabetes-risk

イギリスでの報告(2003~2014)

アボルブ・ザガーロ服用群:2090例

プロペシア服用群:3445例

ハルナール服用群:4018例

追跡期間中央値:5.2年

 

2型糖尿病の新規発症は2081例であり、その内訳は

アボルブ・ザガーロ服用群: 368例

プロペシア服用群: 1207例

ハルナール服用群: 506例

 

1万人当たりの新規糖尿病発症率

アボルブ・ザガーロ服用群:76.2人

プロペシア服用群:76.6人

ハルナール服用群:60.3人

 

ハルナールと比較して、アボルブ・ザガーロの服用による糖尿病発症率が1.3倍、プロペシアの服用による糖尿病発症率が1.26倍高いという結果となっています。

台湾での報告(2002~2012年)

アボルブ・ザガーロ服用群:1251例

プロペシア服用群:2445例

ハルナール服用群:2502例

追跡期間中央値:3.1年

 

1万人当たりの新規糖尿病発症率

アボルブ・ザガーロ服用群:152.8人

プロペシア服用群:109.1人

ハルナール服用群:74.7人

 

ハルナールと比較して、アボルブ・ザガーロの服用による糖尿病発症率が1.34倍、プロペシアの服用による糖尿病発症率が1.49倍高いという結果となっています。

 

アボルブ・ザガーロ群とプロペシア群との間には有意差は確認されませんでした。

新規糖尿病治療薬イメグリミン(imeglimin)の効果について

アボルブ・ザガーロ・プロペシアの添付文書・副作用情報の欄には糖尿病発症リスクが増加するといった文言は記されておりません。筆者らは、その理由の一つとしてアボルブ・ザガーロの第Ⅲ相臨床試験の期間が2年間、プロペシアの第Ⅱ第Ⅲ臨床試験の期間が1年間と記されており、いずれも短期間の服用では糖尿病リスクへの影響は懸念されなかったことを理由として考えています。

 

前立腺肥大症の治療薬としてアボルブを5年以上継続するケースも往々にしてあります。そのためアボルブ・プロペシア・ザガーロを長期間服用する場合は、糖尿病発症リスクが上がる可能性があることを念頭に入れて、血糖値の推移を確認することも視野にいれることを推奨しています。

アボルブ・ザガーロ・プロペシアを飲むと糖尿病発症リスクが1.3倍増加する可能性について

 

-前立腺肥大症, 糖尿病
-アボルブ, ザガーロ, ハルナール, プロペシア, 前立腺肥大症, 比較, 糖尿病発症リスク

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について   2型糖尿病患者さんに対する血糖降剤“SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DP …

glucokinase-diabetes-ttp399

2型糖尿病治療薬“グルコキナーゼ活性化薬”の効果について

2型糖尿病治療薬“グルコキナーゼ活性化薬”の効果について   2型糖尿病について、新しい作用をもった治療薬“グルコキナーゼ活性化薬”に関する第2相試験の報告がなされました。 グルコキナーゼ( …

gain-fat-Predonine-steroid

プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について

プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について   プレドニンなどのステロイド薬を飲み続けると、少しずつ体重が増えていく方がおります。この理由には複数の要因があるようなので、プ …

weight-metgluco

長時間座っていると糖代謝に影響する。改善するには起立ではなくウォーキング

長時間座っていると糖代謝に影響する。改善するには起立ではなくウォーキング   長時間座っている姿勢を続けると糖代謝の悪化をまねくだろうなぁというイメージは沸きます。   129人の …

LANTUS-TRESIBA

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)

ランタスと比較してトレシーバの心血管リスク軽減(非劣勢)を添付文書に記載(FDA)   FDAは基礎インスリン製剤トレシーバの添付文書に、ランタスと比較してトレシーバの主要心血管リスク軽減デ …

  google adsense




2021年4月1日新旧薬価比較表

2021年4月1日新旧薬価比較表

2021年6月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2021年6月発売のGEリスト(エクセルファイル)