おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

新薬承認 糖尿病

オゼンピック皮下注が1月26日に再承認審査

投稿日:2018年1月15日 更新日:

オゼンピック皮下注が1月26日に再承認審査

 

薬事・食品衛生審議会 医薬品第一部会が1月26日に行われます。新薬2製品が審議される予定です。

オゼンピック皮下注2mg

対象疾患:2型糖尿病

週1回投与のGLP-1アナログ

前回の審議において、オゼンピック皮下注は、重度の腎機能障害患者さんへ使用する際の注意喚起に関して検討が必要となったため承認には至らなかった経緯がありました。そのあたりの検討結果を踏まえて今回の再審査となります。

2018年1月26日薬事・食品衛生審議会 医薬品第一部会

サーティカン錠0.25mg/0.5mg/0.75mg

適応疾患:肝移植における拒絶反応の抑制

現在心移植・腎移植における拒絶反応の抑制という適応症を有しており、肝移植が追加承認されるかどうかが審議されます。

 

ソマチュリン皮下注(ランレオチド酢酸塩)

適応症:先端巨大症・下垂体性巨人症

適応症:膵・消化管神経内分泌腫瘍

 

希少疾病医薬品として指定するかどうかが審議されます。

 

-新薬承認, 糖尿病
-2型糖尿病治療薬, GLP-1アナログ, オゼンピック皮下注, 重度の腎機能障害

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

dpp-inhibitor-animal-fat

動物性脂肪の摂取がDPP4阻害薬の作用を減弱する

動物性脂肪の摂取がDPP4阻害薬の作用を減弱する   日本人を対象としたDPP4阻害薬に関する興味深い報告がありました。報告によると動物性脂肪(飽和脂肪酸や一価不飽和脂肪酸)の摂取量が多い人 …

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について ビタミンD摂取が肥満患者におけるインスリン感受性を改善するかどうかに関してイタリアの研究チームが3か月間の調査結果を公開しました。 対象 糖尿 …

oral-semaglutide-1

リベルサス錠が発売開始(2021年2月5日)

リベルサス錠が発売開始(2021年2月5日) 2型糖尿病治療薬であり世界初の経口GLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」が2021年2月5日発売開始となりました。 GLP-1受容体作動薬は、これまで注射 …

URECE

尿酸再吸収阻害薬「ユリス錠」について

尿酸再吸収阻害薬「ユリス錠」について 追記:2020年11月15日 ユリス錠は尿酸排泄・再吸収に関わるトランスポーターに作用することで、体内の尿酸値を下げる効果がある薬剤です。 私たちの体に備わってい …

yakka-syusai-15-hinmoku

新薬15製品(15成分22品目)が薬価収載される(2018年4月11日)

新薬15製品(15成分22品目)が薬価収載される(2018年4月11日)   厚生労働省の中央社会保険医療協議会は2018年4月11日、新薬15製品(15成分22品目)を薬価収載することを公 …