おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

降圧剤

セララの降圧作用を患者様へお伝えする

投稿日:2017年11月23日 更新日:

セララの降圧作用について

セララの降圧作用は選択的アルドステロンブロッカー(SAB)と表現されることもあれば、抗アルドステロン性利尿剤、カリウム保持性利尿薬として分類されることもあります。おそらくすべて正しい言い回しかとは思いますが、今回はセララの薬理作用および患者さんへ初回お渡しする時にお伝えする内容について自分なりの表現でまとめてみました。

○セララの薬理作用について

ミネラルコルチコイド(鉱質コルチコイド)受容体へアルドステロンが結合することを選択的に阻害することで降圧作用を示すとインタビューフォームに記載されています。

アルドステロン拮抗薬がARBと相性が良い理由
ミネラルコルチコイドとはアルドステロンを含む電解質作用をもつステロイドホルモンのことです。ミネラルコルチコイド(アルドステロンなど)は腎臓の遠位尿細管に多く分布している受容体と結合して昇圧作用をしまします。ミネラルコルチコイドが受容体へ結合するとNaと水の再吸収を促進し、Kの分泌作用を示して血圧が上がります。セララはこれを阻害する効果があります。

○類似薬であるアルダクトンAとの比較

serara

serara

上図がセララとアルダクトンAの分子量および構造式です。
構造式が非常ににていることがわかります。
薬剤の規格を確認するとアルダクトンAは25mgと50mgがあり、セララには25mg、50mg、100mgが存在します。構造式が似通っているため、規格もほとんど同じであることが理解できます。以下にセララとアルダクトンAとの違いについて記します。

アルダクトンA:アルドステロン受容体およびプロゲステロン受容体を阻害する働きがあります。プロゲステロン受容体も阻害してしまうため内分泌・性腺系の副作用(女性化乳房、月経異常など)が起こることが知られています。

セララ:選択的アルドステロン受容体阻害薬です。プロゲステロン受容体への親和性はアルダクトンAと比較すると1/100~1/1000程度しかないため性腺系の副作用頻度が非常に低いという特徴があります。
その反面、アルドステロン受容体への親和性もアルダクトンAに比べると劣るため相対比較量としてはアルダクトンA25mg=セララ50mgと考えられています。(セララのアルドステロン受容体への力価はアルダクトンの1/10〜1/20と想定されています。)

アルダクトンAの規格が25mgと50mgなのに対し、セララの規格が25mg、50mg、100mgであり、セララの用法用量が1日1会50mgから開始することとなっているのはこのためです。

 

○ACEIやARBとの併用について

ACEIを服用している患者様ではアンジオテンシンⅡの濃度が抑制され、ARBを服用している患者様ではアンジオテンシンⅡ受容体への結合が阻害されます。しかしいずれのケースでも血中アルドステロン濃度が減少しないために十分な降圧効果がでないというエスケープ現象がしられています。

セララはこれらの薬剤と併用することでアルドステロンによる昇圧作用をブロックすることができると考えられています。近年、アルドステロンはNa貯留等を介して降圧治療における治療抵抗因子になると同時にRA系等とは独立した直接的腎障害作用をしめすことが明らかとなっています。

RA系抑制薬で降圧不十分な高血圧患者様に対してセララの追加投与することで、さらなる降圧効果および尿中アルブミン排泄量の抑制が認められたという報告を複数確認することができます。

フルイトラン錠を患者様へお渡しする際にお伝えすること

○臓器保護作用

アルドステロンは腎での昇圧作用に加え、心筋の線維化、左心室肥大を引き起こす因子や血管平滑筋への酸化ストレス因子である可能性が示唆されています。セララはこれらの臓器障害に対する保護作用も期待されています。セララの適応に関して、アメリカでは高血圧症に加えて「心筋梗塞後のうっ血性心不全」の適応も取得しています。

〜まとめ〜

セララ錠は体の中のNa(塩分)と不要な水を体外へ排泄するお薬です。また一緒に飲んでいる降圧剤(ARB、ACEI)の働きを高める作用もあります。血液中のカリウム濃度を高めるはたらきもありますので、カリウムを含むサプリメント、カリウム製剤を服用していないことを確認する必要があります。服用による動悸・頻脈・息切れなどの自覚症状を感じた場合は念のため医師へ連絡すること。

 

-降圧剤
-アルドステロンブロッカー, カリウム保持性, セララ, 利尿薬, 血圧の薬, 降圧剤

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ARB-inverse-agonist

ARBの違いを代謝経路、インバースアゴニスト、尿酸低下作用、インスリン抵抗性改善作用などの複合要素から検討する

ARBの違いを代謝経路、インバースアゴニスト、尿酸低下作用、インスリン抵抗性改善作用などの複合要素から検討する 降圧剤はいろいろ種類があります。私が勤務している薬局での処方率が高い降圧剤はCa拮抗薬か …

ketuatu

アンジェスが開発中の高血圧DNAワクチンについて

アンジェスが開発中の高血圧DNAワクチンについて アンジェスが開発中の「高血圧DNAワクチン」に関して、「医薬品として日の目を見る」のはいつ頃の話なのだろうか?という投稿がありましたので、これまで20 …

EPIPEN-α-bloker

エピペンとα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌が解除となる

エピペンとα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌が解除となる   アナフィラキシーの補助治療薬“エピペン”とα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌を解除することを薬事・食品衛生審議会薬事分科会医 …

Amlodipine-effect-24h

アムロジピン服用時の24時間血圧の推移について(アムロジピンのジェネリック医薬品の比較データあり)

アムロジピン服用時の24時間血圧の推移について(アムロジピンのジェネリック医薬品の比較データあり) アムロジピンの半減期はおよそ36時間です。初めてアムロジピンの服用を開始した場合、安定してその降圧効 …

influenza-CCB

カルシウム拮抗薬がインフルエンザウイルスの感染を予防する

カルシウム拮抗薬がインフルエンザウイルスの感染を予防する   北海道大学の研究チームが降圧剤「カルシウム拮抗薬」を投与することでインフルエンザウイルスの感染を予防するというデータを公開しまし …

  google adsense




2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年4月薬価改定 新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

おじさん薬剤師の働き方

how-to-work

薬剤師の育成について

how-to-bring-upo

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト




how-to-work