おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

厚生労働省

重複投薬等を医療機関へ報告するイメージについて

投稿日:

重複投薬等を医療機関へ報告するイメージについて

 

重複投薬相互作用等防止加算とは別に「重複投薬」を医療機関へ「報告」するという薬局業務が厚生労働省にて検討されておりますので、その概要を以下に記します。

 

重複投薬防止にむけて厚労省が新たなスキームを提示

 

医療機関が患者様の重複投薬を確認しやすいよう、薬局で患者の服用薬に関する「一覧表」などを作成、それを医療機関に報告するというイメージです。

tyoufuku

tyoufuku

お薬手帳や患者さん本人・家族からの聞き取りを行い、服用中の薬剤やその服用期間、処方医療機関等を把握し、一覧表を作成して医療機関に報告する(必要に応じて処方医に処方背景等を確認する)

 

上記の業務は、レセプト情報を活用して重複投薬等の可能性がある患者を医療保険者が抽出して、服用状況を患者へ連絡することが起点となります。情報を得た患者(複数の医療機関を受診している)が「かかりつけ医」へ薬の相談を行います。それを受けて「かかりつけ医」が処方薬の一元把握を目的として薬局へ「重複確認等を薬局へ依頼」することが、大まかな流れとなります。

tyoufuku-houkoku

tyoufuku-houkoku

-厚生労働省

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

shinyaku-2019

薬価収載2019年11月13日

薬価収載2019年11月13日 2019年11月13日、中央社会保険医療協議会 総会(第432回) にて以下の医薬品が新薬として承認されます。新薬14成分33品目です。薬価収載予定は19日の見通しです …

kanri-kenmu

管理薬剤師の兼務が認めらえる

調剤薬局の管理薬剤師の兼務が認めらえる 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、調剤薬局に関連する通知として ・管理者の常勤の扱い ・管理者の兼務 ・薬局等の営業時間、従事する薬剤師等の変更 等に関する通知 …

dementia

日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い

日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い   日本老年学的評価研究のデータによると、日本の高齢者では痩せている方と糖尿病の方で認知症発症リスクが高いことが報告されました。 …

ranitidine-carcinogen

ザンタックは2年間服用で発がんリスクが0.0005%(20万人に1人)上昇

ザンタックは2年間服用で発がんリスクが0.0005%(20万人に1人)上昇 厚生労働省は2020年7月27日、発がん性物質(NDMA)が検出されたために自主回収となったザンタック(ラニチジン)およびア …

tenpubunsyo

添付文書の新形式の例を公表

添付文書の新形式の例を公表   2019年2月5日、厚生労働省は医療用医薬品の添付文書の新形式について実例を公表しました。 変更点 ・「原則禁忌」が廃止   ・「慎重投与」の一部が …

  google adsense




2021年4月1日新旧薬価比較表

2021年4月1日新旧薬価比較表

2021年6月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2021年6月発売のGEリスト(エクセルファイル)