おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

厚生労働省

日本薬局方のホームページに新規収載34品目が追加

投稿日:

日本薬局方のホームページに新規収載34品目が追加

 

厚生労働省は2019年6月28日付で第十七改正日本薬局方第二追補について告示および施行しました。新規で収載された品目は34品目、改正品目は77品目、削除品目は3品目でした。

第十七改正日本薬局方第二追補(全203ページ)

日本薬局方に収載されると、最低薬価が高くなるというメリットがあります。日本薬局方に収載された医薬品の最低薬価を記します。

錠剤の最低薬価:5.8円→9.9円へUP

粉薬の最低薬価:6.4円→7.4円へUP

注射薬(100ml未満)の最低薬価:58円→95円へUP

kyokuhou-hin

kyokuhou-hin

日本薬局方は医薬品の性状及び品質の適正を図るための医薬品の規格基準書です。医薬品としての有効性や安全性に優れていて、必要性が高い医薬品が対象となります。医療上の必要性が低くなった品目については削除されることもあります。また安全性の問題などを理由に削除されることもあります。

 

調剤薬局の業務に関しては、日本薬局方に収載されたから〇〇しなければならないということは特にありません。後発医薬品への変更調剤に関しては従来通り「先発・後発の区分がない局方品への変更調剤は疑義照会が必要であり、先発・後発の区分がある局方品は後発品への変更調剤が可能です。

 

収載および改正された品目は以下の通りです

AG薬が発売された薬の薬価をどんどん下げましょうというルールについて

医薬品リスト

アムホテリシンB錠

イソマル水和物

イミプラミン塩酸塩

イミプラミン塩酸塩錠

イリノテカン塩酸塩水和物

ウルソデオキシコール酸

エストリオール

エチゾラム

エチルセルロース

エピルビシン塩酸塩

ガチフロキサシン水和物

ガチフロキサシン点眼液

クロペラスチン塩酸塩

クロラムフェニコール

クロルプロマジン塩酸塩

ゲンタマイシン硫酸塩注射液

ゲンタマイシン硫酸塩軟膏

コレステロール

サッカリン

サッカリンナトリウム水和物

ジクロフェナクナトリウム坐剤

シタグリプチンリン酸塩錠

シタグリプチンリン酸塩水和物

シロップ用クラリスロマイシン

セフィキシム細粒

チペピジンヒベンズ酸塩錠

テイコプラニン

テストステロンエナント酸エステル

デヒドロコール酸

テルミサルタンヒドロクロロチアジド錠

トリアムシノロンアセトニド

ドリペネム水和物

ノルトリプチリン塩酸塩錠

バルサルタンヒドロクロロチアジド錠

バルプロ酸ナトリウム徐放錠A

バルプロ酸ナトリウム徐放錠B

ハロペリドール

ピオグリタゾン塩酸塩グリメピリド錠

ヒドロキシエチルセルロース

ヒドロキシプロピルセルロース

ヒドロコルチゾン

ヒドロコルチゾンジフェンヒドラミン軟膏

ヒドロコルチゾン酢酸エステル

ヒプロメロース

フェロジピン

フェロジピン錠

フシジン酸ナトリウム

ブロムフェナクナトリウム水和物

ブロムフェナクナトリウム点眼液

ベクロメタゾンプロピオン酸エステル

ベタメタゾンジプロピオン酸エステル

ベラパミル塩酸塩注射液

ポラプレジンク

ポラプレジンク顆粒

ミノサイクリン塩酸塩顆粒

メストラノール

メチルセルロース

メチルプレドニゾロン

ラノコナゾール

ラノコナゾールクリーム

ラノコナゾール外用液

ラノコナゾール軟膏

リトドリン塩酸塩注射液

乾燥破傷風ウマ抗毒素

軽質無水ケイ酸

結晶セルロース

精製デヒドロコール酸

注射用セファロチンナトリウム

注射用ドリペネム

沈降はぶトキソイド

複方ビタミンB散

無水リン酸水素カルシウム

生薬リスト

インチンコウ

オンジ

オンジ末

カンゾウエキス

カンゾウ粗エキス

キキョウ

キキョウ末

キキョウ流エキス

キクカ

ケツメイシ

コウカ

ゴオウ

コロンボ

コロンボ末

ジコッピ

シコン

シュクシャ

センソ

センブリ

センブリ重曹散

センブリ末

テンマ

トウキ

トウキ末

ベラドンナコン

ボウイ

ボウフウ

ホミカ 

ユーカリ油

ロートコン

乙字湯エキス

加味帰脾湯エキス

加味逍遙散エキス

葛根湯加川キュウ辛夷エキス

苦味チンキ

呉茱萸湯エキス

十全大補湯エキス

当帰薬散エキス

補中益気湯エキス

防風通聖散エキス

防已黄耆湯エキス

抑肝散エキス

-厚生労働省
-代替調剤, 収載, 変更調剤, 局方品, 後発医薬品

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

2019-zaimusyo

財務省が考える令和時代の調剤薬局のありかたについて

財務省が考える令和時代の調剤薬局のありかたについて   2019年6月19日、財務省の財政制度等審議会において「令和時代の財政の在り方に関する建議(全314ページ)が公開されました。財務省が …

otc-tekiougai

病院から処方される風邪薬は、やっぱり保険適応外とはならない?

病院から処方される風邪薬は、やっぱり保険適応外とはならない? 2019年12月19日、政府は全世代型社会保障検討会議が中間報告をまとめました。 11月中の話題としては ・後期高齢者の自己負担割合を2割 …

tyoufuku

重複投薬等を医療機関へ報告するイメージについて

重複投薬等を医療機関へ報告するイメージについて   重複投薬相互作用等防止加算とは別に「重複投薬」を医療機関へ「報告」するという薬局業務が厚生労働省にて検討されておりますので、その概要を以下 …

kakarituke60%

かかりつけ薬剤師を配置している薬局を2022年度までに60%とする

かかりつけ薬剤師を配置している薬局を2022年度までに60%とする   2018年12月10日、経済財政諮問会議において 「新経済・財政再生計画改革工程表2018(原案)」 が開示されました …

kokuho-GE

保険者別の後発医薬品使用割合を公表、高知県医師国保が36.4%

保険者別の後発医薬品使用割合を公表、高知県医師国保が36.4% 後発医薬品の数量シェア80%を目指す厚生労働省は、平成30年9月診療における国民健康保険請求分について、保険者別の後発医薬品使用割合を初 …