おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

治験 認知症

アルツハイマー病治療薬“アデュカヌマブ”が医薬品となりうるか?

投稿日:2019年10月24日 更新日:

アルツハイマー病治療薬“アデュカヌマブ”が医薬品となりうるか?

 

米バイオジェンとエーザイが開発しているアルツハイマー病治療薬“アデュカヌマブ”は2019年3月時点では効果がない可能性があるとして治験が中止された経緯がありました。日本国内でも先が兼審査指定制度の対象品目の指定が取り消されていました。

アルツハイマー型認知症におけるタウタンパク質の影響について

しかし、大規模データ(3285人)の解析を行った結果、高用量のアデュカヌマブ(10mg/kg)1カ月に1回投与した群がプラセボ群と比較して“23%の症状の悪化抑制”が示され、主要評価項目を達成したことが報告されました。

 

記憶などの認知機能や生活機能、家族や介護者からの情報をもとにした情報などの評価基準としては

MMSE(ミニメンタル試験):15%抑制

ADAS-Cog13:27%抑制

ADCS-ADL-MCI(家族・介護者からの生活情報):40%抑制

 

いずれもアデュカヌマブを投与した群で一貫して悪化抑制効果が示されています。

 

アミロイドプラーク沈着のイメージングではアデュカヌマブを投与した群はプラセボ群と比較して投与26週および投与78週時点でアミロイドプラーク沈着の減少が確認されています。

aducanumab

aducanumab

アデュカヌマブによる主な副作用:頭痛症状

アデュカヌマブの臨床Ⅲ相試験報告概要

 

-治験, 認知症
-アデュカヌマブ, アミロイドβ, アルツハイマー病, エーザイ, 効果

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

dementia-Anticholin

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する

抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大する   抗コリン薬の服用量が多いほど認知症のリスクが増大するというデータをイギリスの研究チームが公開しました。報告によると、抗コリン薬を「う …

oligomannate

中国の製薬会社がアルツハイマー病の新薬“Oligomannate”を開発

目次 中国の製薬会社がアルツハイマー病の新薬“Oligomannate”を開発腸内環境とアルツハイマー病の関係についてOligomannate(オリゴマンナン酸)とは中国における第三相臨床試験データ …

diffecence-between-Feburic-and-TOPILORIC

フェブリク錠とトピロリック錠(ウリアデック錠)の違いについて/尿酸値と認知症に関する仮説

目次 フェブリク錠とトピロリック錠(ウリアデック錠)の違いについて/尿酸値と認知症に関する仮説尿酸値と認知症に関する仮説フェブリク錠とトピロリック錠(ウリアデック錠)の違いについて~作用時間~~適応症 …

brilinta-aspirin

ブリリンタ錠(抗血小板剤)とアスピリンの併用による心血管イベント抑制作用

目次 ブリリンタ錠(抗血小板剤)とアスピリンの併用による心血管イベント抑制作用PEGASUS-TIMI 54試験 ブリリンタ錠(抗血小板剤)とアスピリンの併用による心血管イベント抑制作用   …

dementia-alchole-max-lisk

血圧が低いと認知症発症リスクが下がる/アルコール依存症は認知症発症の最大リスク要因

目次 血圧が低いと認知症発症リスクが下がる/アルコール依存症は認知症発症の最大リスク要因血圧が低いと認知症発症リスクが下がるアルコール依存症は認知症発症の最大リスク要因過度の飲酒が認知症の発症につなが …