おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

治験 血液サラサラ

ブリリンタ錠(抗血小板剤)とアスピリンの併用による心血管イベント抑制作用

投稿日:2019年3月4日 更新日:

ブリリンタ錠(抗血小板剤)とアスピリンの併用による心血管イベント抑制作用

 

ブリリンタ錠を製造販売しているアストラゼネカは、2型糖尿病および冠動脈疾患と診断された1万9000例超の患者さん(心筋梗塞・脳卒中の既往歴なし)を対象として、アスピリン単剤治療およびブリリンタとアスピリンの併用療法における心血管イベント抑制作用に関する第Ⅲ相試験の概要を公開しました(THEMIS試験)。

 

結果は、主要心血管イベント(心血管死、心筋梗塞・脳梗塞からなる複合イベント)を統計学的に有意に低減し、主要評価項目を達成したことを発表しました。詳細については今後の学会において発表するとしています。

上記の報告は冠動脈疾患と診断されたが、心筋梗塞の既往がない患者さんを対象としたデータとなっており、アストラゼネカとしては“心筋梗塞および脳梗塞の既往例のない2型糖尿病を合併した冠動脈疾患に対する治療薬”としての適応を取得することを目的とした臨床試験と思われます。

 

今回のアストラゼネカの試験と類似した試験として“PEGASUS-TIMI 54試験“が2016年に公開されております。

 

PEGASUS-TIMI 54試験

 

心筋梗塞を発症してから1年以上が経過している糖尿病患者さんを対象として、アスピリン単剤およびブリリンタとアスピリンの併用群における血管イベント抑制作用に関する報告です。

 

PEGASUS-TIMI 54試験の結果

被験者:糖尿病患者6806例(1型:846例、2型:5960例)

ブリリンタ服用量:1日2回、1回90mgまたは60mg

 

アスピリン単剤と比較してブリリンタとアスピリン併用群は心血管死リスクを22%減少した

 

アスピリン単剤と比較してブリリンタとアスピリン併用群は冠動脈性心疾患死リスクを34%減少した

 

以下はインスリン治療を行っている2型糖尿病患者さんを対象とした具体的なデータです。

 

心血管死・心筋梗塞・脳卒中発生率複合イベント

アスピリン単独群:18.2%

ブリリンタとアスピリンの併用群:16.9%

(ブリリンタとアスピリンの併用群が相対リスク12%減少)

 

心血管死リスク

アスピリン単独群:8.1%

ブリリンタとアスピリンの併用群:6.7%

(ブリリンタとアスピリンの併用群が相対リスク15%減少)

 

冠動脈性心血管死リスク

アスピリン単独群:4.0%

ブリリンタとアスピリンの併用群:5.6%

(ブリリンタとアスピリンの併用群が相対リスク23%減少)

 

大出血リスク

ブリリンタとアスピリン併用群において2.56倍高い

PEGASUS-TIMI 54試験は、過去に心筋梗塞を発症したことがある糖尿病患者さんを対象としたものです。予防医学が主流となっている現状においては、冠動脈疾患と診断を受けているものの、心筋梗塞を発症していない段階において、

 

「ブリリンタとアスピリンを併用することが予防医学として有益です」

 

というアストラゼネカの狙いが“適応症取得”という形で評価されるかどうかがポイントとなっております。(2019年2月:第Ⅲ相試験段階)

ブリリンタとアスピリンを併用した心血管イベント抑制作用(アストラゼネカ)

ブリリンタ錠とプラビックス錠比較データ

-治験, 血液サラサラ

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

anti-platelet-agents-3-combination-use

脳梗塞・一過性脳虚血発作の急性期患者に対する抗血小板薬3剤併用は重度の出血リスク増大

脳梗塞・一過性脳虚血発作の急性期患者に対する抗血小板薬3剤併用は重度の出血リスク増大   脳梗塞や一過性脳虚血発作の急性期患者さんは再発リスクが高いために、その再発抑制を目的として2009年 …

ギラン・バレー症候群におけるエクスリズマブの安全性と有効性に関する報告

ギラン・バレー症候群におけるエクスリズマブの安全性と有効性に関する報告

目次 ギラン・バレー症候群におけるエクスリズマブの安全性と有効性に関する報告報告内容結果 ギラン・バレー症候群におけるエクスリズマブの安全性と有効性に関する報告   ギラン・バレー症候群とは …

The-effefct-of-COMELIAN-KOWA

コメリアンコーワの働きを患者さんにお伝えする

目次 コメリアンコーワの働きを患者さんにお伝えするコメリアンコーワの薬理作用Ⅰ:血管拡張作用Ⅱ:抗血小板作用Ⅲ:腎機能低下抑制作用コメリアンコーワの薬物動態排泄経路患者さんへお伝えすること コメリアン …

brilinta-plavix

ブリリンタ錠(チカグレロル)とプラビックス錠(クロピドグレル)

目次 ブリリンタ錠(チカグレロル)とプラビックス錠(クロピドグレル)の比較について~プラビックス(クロピドグレル)とブリリンタ(チカグレロル)の薬物動態~~プラビックスとブリリンタとの比較データ~ ブ …

risk-christmas-eve

クリスマスイブの22時に心臓発作リスクが2倍近くまで上昇

目次 クリスマスイブの22時に心臓発作リスクが2倍近くまで上昇長期休暇と心筋梗塞発症リスク年末に退院した後の病状について12月末に退院した患者さんの様態が悪化する要因まとめ クリスマスイブの22時に心 …