おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

厚生労働省

紙の添付文書が医薬品に同梱されなくなる

投稿日:

紙の添付文書が医薬品に同梱されなくなる

 

2018年11月8日、厚生科学審議会において、医薬品の購入時に同梱される紙の添付文書は廃止する方向性で話し合いが行われました。審議会での方向性としては「最新の情報を提供するために添付文書に記載されている情報を電子的な方法により提供することを基本とする」ということです。

 

現状では、医薬品の箱(外箱)を開封すると「医薬品と添付文書」が同梱されているわけですが、今後は「医薬品だけ」が入っている状態となり、添付文書は医薬品の箱(外箱)にQRコード等を表記することになります。また製造販売業者または卸売販売業者により紙媒体の提供も行われるということです。

添付文書情報の提供方法はQRコードへ

添付文書を電子化したとしても、「現状の添付文書の様式を維持する方向で検討する」と厚生労働省担当者は回答しています。また、紙媒体での添付文書の情報提供に関しては「情報提供の責任はメーカーにあるが、どのように確実に届けるかはメーカーと医薬品卸の両社が考えていくことになる。添付文書が改訂されたときには医薬品医療機器情報配信サービスなどで情報提供することになる」と説明しています。

 

現状、添付文書が改訂されたときは「添付文書改訂のお知らせ」といった感じの封筒が医療機関に送られてきます。このような「プッシュ型」のお知らせスタイルは引き続き継続していただきたいところです。

 

私の場合、業務中に「紙の添付文書を見ること」は1日に1回あるかどうかです。患者様とのお話の中で「半減期が知りたいなぁ」「服用後〇時間後の血中濃度は・・」「副作用発現頻度は・・・」といった内容を患者様と一緒に確認する際に紙の添付文書を使用することがあります。また、電子薬歴を使用している場合は、添付文書(PDF)を閲覧することも可能かと思います。

 

私としては、新発売の医薬品には添付文書が同梱されているとありがたいです。発売から数年経過して添付文書を見る回数が減った医薬品に関しては“添付文書は捨てるだけ”というケースが多いのでQRコードで印字されている程度でよいのかなぁと感じます。

尚、「医薬品、医療機器等の適正使用が損なわれることがないよう、今回の制度改正にあたっては、十分な経過措置を設けることとする」としています。




-厚生労働省
-なくなる, 医薬品に同梱, 添付文書,

Copyright© おじさん薬剤師の日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.