おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

厚生労働省

広島県「あじさい薬局」が保険指定取り消し処分、返還額「214万6千円」

投稿日:

広島県「あじさい薬局」が保険指定取り消し処分、返還額「214万6千円」

厚生労働省はH30年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況を公開しました。

調剤薬局部門を見てみると、広島県「あじさい薬局」が平成30年10月24日に保険指定取り消し処分/返還額214万6千円と記載されております。

ajisai

ajisai

取り消し理由として

1.開設・管理者自らが服用する薬剤について、保険医療機関の事務員に医師の診察を受けることなく処方せんを発行さ せ調剤している等、不正な調剤報酬の請求が強く疑われたことから、監査を実施した。

2.監査結果 ・医師の診察を受けることなく無資格者に作成させた不正な処方せんに基づき調剤したものを保険 調剤とし、調剤報酬を不正に請求していた。

3.処分等 平成 30 年 10 月 24 日 保険薬局の指定取消、保険薬剤師の登録取消

と記されています。

 

他には、

調剤報酬に関わる個別指導を実施した薬局:1739件(薬剤師:2657人)

新規個別指導を行った薬局:2074件(薬剤師:3138人)

集団的個別指導を行った薬局:4056件

適時調査を行った保険薬局:2件

監査を行った保険薬局:8件

保険薬局に関する実施状況データで興味深い点は、個別指導件数および集団的個別指導件数はH26年からH30年まで毎年増加しているのに対して、新規個別指導件数はH26年からH30年まで毎年減少しているということです。

私の個人的な考えですが、保険請求を減額させるために、新規店舗を精査するよりも、保険請求額が高い既存の店舗を精査したほうが費用対効果が高いためなのではないか?と思ったりします。

平成30年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状

-厚生労働省
-あじさい薬局, 保険請求, 取り消し, 広島県

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

fukuyaku-jyouhou

服用情報提供料を算定する(地域支援体制加算取得のために)

服用情報提供料を算定する(地域支援体制加算取得のために)   調剤基本料1を地域支援体制加算の算定要件として 「患者の服薬情報等を文書で医療機関に提供した実績が12回以上」 (服薬情報提供料 …

kokuho-GE

保険者別の後発医薬品使用割合を公表、高知県医師国保が36.4%

保険者別の後発医薬品使用割合を公表、高知県医師国保が36.4% 後発医薬品の数量シェア80%を目指す厚生労働省は、平成30年9月診療における国民健康保険請求分について、保険者別の後発医薬品使用割合を初 …

otc-tekiougai

病院から処方される風邪薬は、やっぱり保険適応外とはならない?

病院から処方される風邪薬は、やっぱり保険適応外とはならない? 2019年12月19日、政府は全世代型社会保障検討会議が中間報告をまとめました。 11月中の話題としては ・後期高齢者の自己負担割合を2割 …

dementia

日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い

日本人の痩せている高齢者・糖尿病の高齢者で認知症リスクが高い   日本老年学的評価研究のデータによると、日本の高齢者では痩せている方と糖尿病の方で認知症発症リスクが高いことが報告されました。 …

2019-zaimusyo

財務省が考える令和時代の調剤薬局のありかたについて

財務省が考える令和時代の調剤薬局のありかたについて   2019年6月19日、財務省の財政制度等審議会において「令和時代の財政の在り方に関する建議(全314ページ)が公開されました。財務省が …