おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

厚生労働省

広島県「あじさい薬局」が保険指定取り消し処分、返還額「214万6千円」

投稿日:

広島県「あじさい薬局」が保険指定取り消し処分、返還額「214万6千円」

厚生労働省はH30年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況を公開しました。

調剤薬局部門を見てみると、広島県「あじさい薬局」が平成30年10月24日に保険指定取り消し処分/返還額214万6千円と記載されております。

ajisai

ajisai

取り消し理由として

1.開設・管理者自らが服用する薬剤について、保険医療機関の事務員に医師の診察を受けることなく処方せんを発行さ せ調剤している等、不正な調剤報酬の請求が強く疑われたことから、監査を実施した。

2.監査結果 ・医師の診察を受けることなく無資格者に作成させた不正な処方せんに基づき調剤したものを保険 調剤とし、調剤報酬を不正に請求していた。

3.処分等 平成 30 年 10 月 24 日 保険薬局の指定取消、保険薬剤師の登録取消

と記されています。

 

他には、

調剤報酬に関わる個別指導を実施した薬局:1739件(薬剤師:2657人)

新規個別指導を行った薬局:2074件(薬剤師:3138人)

集団的個別指導を行った薬局:4056件

適時調査を行った保険薬局:2件

監査を行った保険薬局:8件

保険薬局に関する実施状況データで興味深い点は、個別指導件数および集団的個別指導件数はH26年からH30年まで毎年増加しているのに対して、新規個別指導件数はH26年からH30年まで毎年減少しているということです。

私の個人的な考えですが、保険請求を減額させるために、新規店舗を精査するよりも、保険請求額が高い既存の店舗を精査したほうが費用対効果が高いためなのではないか?と思ったりします。

平成30年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状

-厚生労働省
-あじさい薬局, 保険請求, 取り消し, 広島県

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ranitidine-carcinogen

ザンタックは2年間服用で発がんリスクが0.0005%(20万人に1人)上昇

ザンタックは2年間服用で発がんリスクが0.0005%(20万人に1人)上昇 厚生労働省は2020年7月27日、発がん性物質(NDMA)が検出されたために自主回収となったザンタック(ラニチジン)およびア …

koudo-yakugaku-kanri

保険薬局の高度薬学管理機能の報告と薬剤師の需要ついて

保険薬局の高度薬学管理機能の報告と薬剤師の需要ついて   厚生労働科学研究成果データベースに「かかりつけ薬剤師・薬局の多機関・多職種との連携に関する調査研究」と題して“高度薬学管理機能”に関 …

tenpubunsyo

添付文書の新形式の例を公表

添付文書の新形式の例を公表   2019年2月5日、厚生労働省は医療用医薬品の添付文書の新形式について実例を公表しました。 変更点 ・「原則禁忌」が廃止   ・「慎重投与」の一部が …

kakarituke60%

かかりつけ薬剤師を配置している薬局を2022年度までに60%とする

かかりつけ薬剤師を配置している薬局を2022年度までに60%とする   2018年12月10日、経済財政諮問会議において 「新経済・財政再生計画改革工程表2018(原案)」 が開示されました …

pharmacy1

調剤薬局を機能別に3分類する案を厚生労働省へ提案

調剤薬局を機能別に3分類する案を厚生労働省へ提案 特定の機能を備える薬局の認定制度が閣議決定 2019年3月19日追記 yakkyoku-3bunrui 特定の機能を備える薬局の認定制度の導入などを含 …