おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

新薬承認 睡眠薬

不眠症治療薬“レンボレキサント”はたくさん飲んでも有効性はかわらない

投稿日:2019年3月11日 更新日:

不眠症治療薬“レンボレキサント”はたくさん飲んでも有効性はかわらない

 

エーザイが不眠症治療薬“レンボレキサント”について新薬承認申請をおこなったことを公開しました。レンボレキサントはベルソムラと同様の薬理作用を有する薬剤です(オレキシン受容体1と2に対する拮抗作用)。現在、第三相試験のデータまでが開示されているのですが、レンボレキサントとベルソムラの比較データは公開されておりません。今回は、これまでに開示されているレンボレキサントの薬理作用の中から睡眠剤としての特徴をまとめてみました。

レンボレキサントはたくさん飲んでも有効性は変わらない

 

睡眠剤としてのレンボレキサントについて、一番興味深い記載内容は“10mg以上を服用しても有効性はかわらない”という記述です(第二相試験の報告より)。ベルソムラでも同様の見解かとは思うのですが、レンボレキサントの薬理作用は、オレキシンという目覚ましホルモンがくっつく脳内の部分である“オレキシン受容体”と拮抗することで、

 

“目覚ましさせない“=”眠りを促す“

 

という効果です。

 

起きている状態をオレキシン(目覚ましホルモン)がオレキシン受容体に100%くっついていると仮定した場合、薬によってオレキシン受容体を65%以上ブロックした時に、はじめて「眠いかも」という感覚となります(ベルソムラより)。レンボレキサントやベルソムラのようなオレキシン受容体拮抗薬は、非常に多くのオレキシン受容体を占有しなければ効果を発現しない薬と言えます。

 

ざっくりとしたイメージですが、レンボレキサントを10mg以上使用しても脳内のオレキシン受容体占有率に大きな変動はないため、睡眠薬としての有効性には変化がないというデータが第二相試験を読んだ私の印象です。一方で、たくさんのレンボレキサントを飲むと、体内での代謝に時間がかかるため、日中まで眠気が持続するという副作用が生じていました(睡眠の質に関してはたくさんのでも変わらない)。

 

翌朝の眠気持ち越しに関してはレンボレキサント1~10mgを飲んだ群では、眠気の持ち越しは無く、15mgや25mg服用群では眠気の持ち越しが報告されています。

lemborexant

lemborexant

ゾルピデム徐放錠6.25mgとレンボレキサントの効果比較

レンボレキサント5mg/10mg、ゾルピデム徐放錠それぞれを服用して8時間後の姿勢安定性については、レンボレキサント服用群ではプラセボ群と同様に姿勢の安定性に影響はありませんでしたが、ゾルピデム徐放錠服用群では、寝起きのふらつき増が確認されました。(ゾルピデム徐放錠:ベースラインに対する平均変化量:5.0)

 

中途覚醒後の再入眠までの時間について

 

レンボレキサント5mg群:―22.5分

レンボレキサント10mg群:-28.7分

ゾルピデム徐放剤群:-21.0分

 

レンボレキサント10mg群ではゾルピデム徐放群に比較して、有意に再入眠までの時間を短縮した。(-の値が大きいほど、再入眠までの時間が短いというデータです)

レンボレキサントによる副作用

 

一般的な副作用は5%以上に傾眠がみられています。

レンボレキサント1mg群の傾眠率は3.1%

レンボレキサント25mg群での傾眠率は22%

と報告されています。

レンボレキサント第二相試験データ

ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について

-新薬承認, 睡眠薬

執筆者:ojiyaku


  1. […] 不眠症治療薬“レンボレキサント”はたくさん飲んでも有効性はかわらない […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

sleeping-pills-yakureki

睡眠薬(眠剤)をDo処方でお渡ししている患者様への薬歴について

目次 睡眠薬(眠剤)をDo処方でお渡ししている患者様への薬歴について睡眠薬の副作用発現率について投薬・薬歴記載内容 睡眠薬(眠剤)をDo処方でお渡ししている患者様への薬歴について   眠剤を …

rohypnol-silece-same-drugs

ロヒプノールとサイレースは同じ薬ですか?

目次 ロヒプノールとサイレースは同じ薬ですか?薬価添加物安定性薬物動態副作用まとめ ロヒプノールとサイレースは同じ薬ですか?   ロヒプノールの販売中止が決定して、少しずつロヒプノールを服用 …

Lunesta

ルネスタには処方日数制限がない理由(ルネスタが向精神薬に指定されない理由)

ルネスタには処方日数制限がない理由(ルネスタが向精神薬に指定されない理由) 「ルネスタ錠」は、ラセミ体であるアモバン錠のS製剤(薬理活性が高い側)であり、アモバンにくらべて半減期が1~2時間ほど長い睡 …

Belsomra-sleeping-pills

ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について

目次 ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について慢性不眠症患者における中等度の筋トレまたはストレッチが睡眠に及ぼす影響について ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由につい …

Dafclir-Tablets

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(フィダキソマイシン)200mgについて

感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(フィダキソマイシン)200mgについて   2018年5月23日、厚生労働省の薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会において感染性腸炎治療薬「ダフクリア錠(フィダ …