おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗精神病薬

誰でもわかりやすく読める統合失調症ガイドラインを日本神経精神薬理学会が公開

投稿日:2018年3月21日 更新日:

誰でもわかりやすく読める統合失調症ガイドラインを日本神経精神薬理学会が公開

 

「誰でもわかりやすく読める統合失調症薬物治療ガイドライン」を日本神経精神薬理学会が公開しました。今回公開された統合失調症薬物治療ガイドラインは、患者様・ご家族・支援者のために作成された内容となっており、科学的根拠を明確に示しながら、その一つ一つの言葉・ニュアンスをQ&A形式のような記述で説明しています。

第一世代・第二世代抗精神病薬の比較や推奨される治療期間、持効性注射剤と経口薬の使い分け、治療抵抗性統合失調症におけるクロザピン治療の有効性などが解説付きで記されています。

 

さらに統合失調症のさまざまな症状(緊張病・抑うつ症状・認知機能障害など)や薬による副作用(薬剤性パーキンソン症状・急性ジストニア・アカシジア・遅発性ジストニアなど)についても症状・推奨薬剤・解説が記されており、治療とそれに伴う副作用の可能性が記載されています。

誰でもわかりやすく読める統合失調症薬物治療ガイドライン

熟読した私の感想ですが、スーッとしみこむように内容が入ってくるなぁと感じました。私は精神科や心療内科の門前の薬局で患者様へお薬をお渡しする機会が多いので非常に勉強になりました。

 

ケースバイケースなので一概には言えることではないのですが、公開されたガイドラインと臨床の実態とで多少の乖離があるとすると、「単剤での治療が望ましい」「向精神病薬の併用は行わないことが望ましい」という文言でしょうか。

頓服薬として処方されるエビリファイ・リスパダール・ジプレキサの効果について

私が現場で勤務した印象では、治療の初期段階は単剤での治療で開始されますが、数年経過しても症状が安定しない患者様の場合は5剤、10剤と薬が増えていく場合を経験したことがあります。

このガイドラインは患者様やご家族にもお読みいただきたい内容として作成されております。服用薬剤についてガイドラインと実態との乖離について、ご家族から質問があった場合は、これまでの治療経過を顧みながら増量増加の経緯を再度見直していくという患者様対応が求められるかもしれません。

頓服で使用されるリスパダール内用液の効き目を検討する

デパス・リーゼ・ソラナックス・ワイパックス・レキソタンの安定剤として効き目を薬物動態から考える

-抗精神病薬
-ガイドライン, 抗精神病薬, 日本神経精神薬理学会, 統合失調症, 誰でもわかりやすく読める

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

valbenazine5

遅発性ジスキネジア治療薬「バルベナジン」を承認申請(田辺三菱製薬)

遅発性ジスキネジア治療薬「バルベナジン」を承認申請(田辺三菱製薬) 田辺三菱製薬は2021年4月22日、遅発性ジスキネジア治療薬「バルベナジン」(開発コード:MT-5199)について、日本国内で承認申 …

tic-disorders1

チック症状に対する薬物療法・行動療法について2018年の報告をまとめる

チック症状に対する薬物療法・行動療法について2018年の報告をまとめる   チック症状は子供の10〜20%に見られる疾患で、多くは一過性に消失することが多いと言われています。2018年にチッ …

EPIPEN-α-bloker

エピペンとα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌が解除となる

エピペンとα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌が解除となる   アナフィラキシーの補助治療薬“エピペン”とα遮断作用のある抗精神薬との併用禁忌を解除することを薬事・食品衛生審議会薬事分科会医 …

effect-of-sycrest-sublingual-tablet

統合失調症治療薬シクレスト舌下錠の特徴と味について

統合失調症治療薬シクレスト舌下錠の特徴と味について 明治製菓ファルマより統合失調症治療薬「シクレスト舌下錠」が発売予定となっています。「舌下錠」という特徴的な剤形となっていますので、今回は、患者さんに …

effect-of-lonasen-tape

ロナセンテープの効果について

ロナセンテープの効果について lonasen-tape 大日本住友製薬と日東電工が共同開発した非定型抗精神病薬ロナセンテープが7月31日付で承認申請されました。統合失調症による嚥下困難患者さんや認知力 …