おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

睡眠薬 薬歴の記載内容

睡眠薬(眠剤)をDo処方でお渡ししている患者様への薬歴について

投稿日:

睡眠薬(眠剤)をDo処方でお渡ししている患者様への薬歴について

 

眠剤をお渡しする際の注意点としては「アルコールと併用しないこと」「残眠感が残る場合は車の運転には避けること」「翌朝の眠気持越しに注意すること」「服用後は速やかに床に就くこと」「服用翌日のふらつき・傾眠がおこらないか確認すること」といった感じで投薬・薬歴記載を行うことが多いのですが、Do処方で同じ眠剤をずーっと使用している患者様に

お伝えすることや確認することは同じような感じになってしまう現状がありました。そこで投薬・薬歴内容について重大な副作用や、その他の副作用をしっかり確認して投薬・薬歴の内容をじっくり検討してみました。

睡眠薬の副作用発現率について

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬では以下の禁忌・原則禁忌があります

禁忌:重症筋無力症/急性隅角緑内障

原則禁忌:呼吸機能が高度に低下している場合(呼吸抑制の恐れがあるため)

 

レンドルミン

残眠感・眠気:144件

ふらつき:66件

頭重感:50件

めまい25件

だるさ:48件

重大な副作用に肝機能障害という記載があるものの、肝機能・腎機能などの検査値に関しては、取り立てて有害事象頻度が高い報告はなされておりません。

 

ハルシオン

眠気:152件

ふらつき感:128件

倦怠感:97件

頭痛:40件

頭重感:51件

口喝:13件

下痢:12件

ハルシオンの副作用発現率は消化器関連(口喝・下痢)の副作用がみられますが、それ以外はだいたいレンドルミンと同じ感じです

sleeping-pills-yakureki2

sleeping-pills-yakureki2

マイスリー

不動性めまい:62件

傾眠:55件

倦怠感:34件

悪心:29件

ALT上昇:29件

頭痛:26件

γGTP上昇:24件

AST上昇:20件

疲労感:12件

記憶障害:16件

レンドルミンの副作用に肝機能異常・悪心(胃腸障害)が追加されたような感じの副作用頻度となっております。

 

サイレース

ふらつき感:250件

眠気:239件

倦怠感:168件

頭痛:68件

めまい46件

ALT上昇:40件

口喝:26件

ST上昇:26件

頭がぼーっとする:26件

脱力感:24件

頭重感:19件

サイレースにはレンドルミンには見られない重大な副作用として「刺激興奮・錯乱」という副作用が報告されていますので、初回服用時には気に留めてよいかもしれません。

その他の副作用としては、マイスリーと似たようなラインナップとなっており、発現頻度が高い印象を受けます。

 

ベルソムラ

併用禁忌:イトリゾール・クラリス・HIV感染症治療薬

傾眠:167件

頭痛:63件

疲労:56件

口腔内乾燥:45件

異常な夢:36件

不動性めまい:32件

悪夢:27件

悪心:24件

ベルソムラは日中の疲労感・口腔内乾燥・異常な夢・悪夢といった特徴的な副作用が報告されていますので、継続服用されている患者様に対して、ベンゾジアゼピン系の副作用とは異なる確認事項を検討してもいいかもしれません。肝機能等の検査値異常に関する報告はそれほど多くありません。

ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について

ロゼレム

禁忌:ルボックス(デプロメール)

傾眠:63件

頭痛:18件

不動性めまい:10件

倦怠感:9件

γGTP増加:9件

皮膚トラブル:9件

ALT増加:7件

AST増加:4件

肝機能異常:6件

悪心:6件

ロゼレムは全体的な副作用報告数が少ないため、何とも言えませんが、肝機能関連・皮膚トラブル関連の副作用が他剤にくらべて多いかもしれません。

 

ルネスタ

味覚異常:118件(36.3%)

傾眠:12件(3.7%)

頭痛:7件

口喝:6件

不動性めまい:4件

ルネスタ服用の3人に1人が味覚異常を訴える薬です。食事がおいしく食べられているかどうか、食欲減退・体重減少といった自覚症状が出ていないかどうかは確認が必要です。

さらに海外での報告では上記に加えて、異常な夢・神経過敏・咽頭炎・感染・鼻炎といった副作用も1~2%の割合で報告されておりますので注意が必要かもしれません。

投薬・薬歴記載内容

 

・服用翌朝に眠気が持ち越して朝起きられない・起床時に足元がふらつくといった残眠感はでていないことを確認した。

 

・眠剤を服用することで、日中の頭重感・めまい・倦怠感・集中力低下など、日中の生活に支障をきたすような副作用はでていないことを確認した。

 

・日中に頭がぼーっとする、力がはいらない(脱力感)、だるい(倦怠感)といった活力低下・思考力低下に関する副作用はみられないことを確認した。

 

・日中に頭痛を感じる・頭が重い感じがする・不快感・不安感が増長するといった精神神経系の有害事象は感じていないとを確認した。

 

・眠剤服用により口喝・下痢・便秘・食欲変動などの胃腸障害に関する自覚症状はでていないことを確認した。

 

・食欲低下・吐き気・倦怠感・尿の色が濃くなる・むくみ・おなかが張るといった肝機能低下の前兆となる自覚症状はでていないことを確認した。

 

・ベルソムラを服用した翌朝に嫌な夢で目が覚める(悪夢・異常な夢)といった経験は見られないことを確認した。

 

・ルネスタを服用してから、ご飯がおいしくない(味覚異常)、苦みを感じる、体重減少、食欲低下・口喝などの消化器関連の副作用はでていないことを確認した。

Do処方で薬をお渡しした時の薬歴の書き方

・ルネスタを服用してから継続的な喉の痛み・鼻水症状といった感染に関する副作用はでていないことを確認した。

 

・眠剤服用後の不眠・刺激興奮・錯乱といった本来の作用とは逆の症状を呈することがあればすぐに主治医へ連絡してください

 

・服用翌朝以後の眠気・注意力・集中力の低下が起こることがありますので、自動車の運転には十分注意すること(避けること)を伝えました。

 

・アルコールとの併用により眠剤の排泄が遅延することで鎮静作用・倦怠感が増強されることが報告されているので併用しないこと。

 

・睡眠薬は寝る直前に使用すること。服用後は速やかに床に就きましょう。TVや電気、スマホなどの光源は消して眠れる状況を作りましょう。

 

上記の内容をwindowsの単語登録に登録し、電子薬歴を入力する際に通常の薬歴に1行でも追記すると既存の薬歴にボリュームを持たせることができるような気がします。

-睡眠薬, 薬歴の記載内容
-DO処方, ハルシオン, ベルソムラ, ルネスタ, レンドルミン, 投薬, 睡眠薬

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Lemborexant

不眠症治療薬“レンボレキサント”はたくさん飲んでも有効性はかわらない

目次 不眠症治療薬“レンボレキサント”はたくさん飲んでも有効性はかわらないレンボレキサントはたくさん飲んでも有効性は変わらないゾルピデム徐放錠6.25mgとレンボレキサントの効果比較 不眠症治療薬“レ …

antiplatelet-agent-yakureki

抗血小板薬がDo処方で続く患者様への薬歴

目次 抗血小板薬がDo処方で続く患者様への薬歴抗血小板薬の副作用発現率重大な副作用とその初期症状を確認する薬歴その他の副作用に関する薬歴 抗血小板薬がDo処方で続く患者様への薬歴   プラビ …

Melatonin

アルコールと睡眠薬を一緒に飲んだ時の脳内のイメージ

目次 アルコールと睡眠薬を一緒に飲んだ時の脳内のイメージ1:アルコールが体から抜けるまでの時間について2:脳内におけるアルコールのはたらき3:ビール1缶と睡眠薬を一緒に飲むとどうなるかを想定するまとめ …

okusuri-tetyou-50%

お薬手帳の持参率が50%以下の薬局は薬剤服用歴管理指導料13点(平成30年調剤報酬改定個別改定項目)

お薬手帳の持参率が50%以下の薬局は薬剤服用歴管理指導料13点(平成30年調剤報酬改定個別改定項目)   平成30年度の調剤報酬改定内容が点数も含めて公開されました。 大手調剤薬局チェーン店 …

parkinson-disease-yakureki

パーキンソン病患者さんにDO処方が続く場合の薬歴内容

目次 パーキンソン病患者さんにDO処方が続く場合の薬歴内容レボドパ製剤ドパミンアゴニスト麦角系ドパミンアゴニスト パーキンソン病患者さんにDO処方が続く場合の薬歴内容 神経内科経の薬剤を手にする機会が …

  google adsense




2019年6月GE

2019-06ge

2019-06ge

レクタングル2




ビバンセカプセルとコンサータの比較

vyvance-concerta

タリージェとリリカの比較

タリージェ