おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

乳児 糖尿病

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告

投稿日:2018年3月12日 更新日:

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係についての報告

 

1998年空2012年に英国で生まれた383万4405人の小児のうち2969人が幼児期に1型糖尿病を発症しています。このデータベースをもとにして、出生時の体重や在胎週数と1型糖尿病発症との関係について後向コホート研究に関する報告が行われました。

調査方法

出生時の体重について

2500g未満(5.3%)

2500~2999g(16.8%)

3000~3499g(36.8%)

3500~3999g(29.7%)

4000g以上(11.4%)

という区分に分け、3000~3499gを基準としています。

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係

出生時の在胎週数について

早産:37週未満(5.6%)

早期:37~38週6日目(19.3%)

満期:39~40週6日目(50.9%)

晩期:41~41週6日目(19.9%)

ポスト期:42週以降(4.4%)

 

結論

出生時の体重について

3000~3499gの体重を基準と考えた時に

3500~3999gおよび4000g以上で生まれた乳児が12歳までに1型糖尿病を発症する割合が1.11~1.12倍と有意差をもって高いデータとなっています。

メトグルコ服用と体重増減について

出生時の体重が500g増えると1型糖尿病発症リスク(HR比)で8%のハザードリスク上昇というデータとなっています。

 

出生時の在胎週数について

早産(37週未満)と早期(37~38週6日目)での出生は満期(39~40週)の出生に比べて1型糖尿病を発症する割合が1.17~1.24倍と有意差をもって高いデータをなっています。

 

後期またはポスト期の出生に関しては1型糖尿病との間に有意差はみられませんでした。

尚、出生時の出生時体重と在胎週数との間に関連はありませんでした。

出生時の体重・在胎週数と、出生後の1型糖尿病発症との関係

-乳児, 糖尿病
-1型糖尿病, 出生時, 在胎週数

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

liquid-milk

日本小児科学会が液体ミルクの使用に関する注意点を公表

目次 日本小児科学会が液体ミルクの使用に関する注意点を公表液体ミルク液体ミルクの注意点赤ちゃん防災プロジェクトに記載されている液体ミルクの使用方法 日本小児科学会が液体ミルクの使用に関する注意点を公表 …

nanopassjr

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始

ナノパスJr.(インスリン自己注射針)の発売開始   テルモは2019年2月25日、インスリン自己注射針“ナノパスJr.”の発売を開始しました。 nanopass ナノパスJr.とは長さ3m …

gain-fat-Predonine-steroid

プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について

目次 プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について1:筋肉量の低下2:糖分・脂質代謝異常 プレドニン(ステロイド)を飲み続けると太る複数の理由について   プレドニンなどのス …

Linzess-Chronic-constipation

7月27日リンゼス錠に慢性便秘症の効能追加/フェブリクに小児用量/トラディアンス承認可否が検討

7月27日リンゼス錠に慢性便秘症の効能追加/フェブリクに小児用量/トラディアンス承認可否が検討   厚生労働省は2018年7月27日の薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会において以下の品目の審 …

antipain-CALONAL-infant

痛み止めとして小児に対するカロナール(アセトアミノフェン)を使用する場合の量15mg/kgについて

目次 痛み止めとして小児に対するカロナール(アセトアミノフェン)を使用する場合の量15mg/kgについて小児に解熱剤として使用されるカロナール(アセトアミノフェン)の量と効果について小児に痛み止めとし …

  google adsense




基礎的医薬品リスト2020年4月

2020年度薬価改定新旧比較データ

2020年6月発売GEリスト(エクセル)




yakureki_310

薬歴の悩み解決
m3.com:薬剤師会員制情報サイト
ご興味のある方は是非!