おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

診療報酬改定

調剤基本料について全体的に水準を引き下げる(秋のレビュー2017年11月16日)

投稿日:2017年11月17日 更新日:

調剤基本料について全体的に水準を引き下げる(秋のレビュー2017年11月16日)

 

「調剤技術料」の適正に関して、2017年11月16日、厚生労働省の予算事業を査定する「秋のレビュー」において議論が行われました。

秋のレビューにおいて、行政事業局、厚生労働省がそれぞれの立場から「調剤技術料の在り方」についての考えを公開しました。

 

行政事業局による調剤技術料の改善事項としては

Ⅰ:院内処方と院外処方のコスト差が大きいことから調剤技術料は調剤薬局のどのような機能や付加価値を評価しているものかを明確にすべき

 

Ⅱ:大型チェーンの調剤薬局が利益を増している現状を踏まえ、調剤基本料の設定が適正か議論すべき

 

厚生労働省による調剤技術料の改善事項としては

Ⅰ:院内処方と院外処方で費用が異なるが、院外処方の効果として

1:後発医薬品の使用促進

2:重複投薬・相互作用の防止

調剤薬局の場合薬学管理や服薬指導により上記の効果が期待できる。

 

Ⅱ:いわゆる門前薬局の調剤報酬の適正化

 

Ⅲ:医薬分業の進展と薬剤費比率の推移

 

を公開しています。

有識者会議において院内処方と院外処方における患者さん負担が3倍程度高くなっていることが取り上げられ「3倍の差は患者が納得できる水準ではなく妥当性を欠く」という指摘がなされ、調剤技術料の見直しを求める提案がなされました。

 

さらに、平成26年度診療報酬改定において大手調剤薬局における調剤基本料の引き下げルールが設けられたものの、ふたを開けて見れば9割近くの調剤薬局が

調剤基本料1(410円)

を請求していたことから調剤基本料に関しては「調剤基本料の役割終えている」全体的に水準引き下げを行うべきという意見がでています。

 

秋のレビューでの意見が、次期診療報酬改定に対してどれほど影響を与えるのでしょうか。

 

 

-診療報酬改定
-3倍, 秋のレビュー, 行政事業レビュー, 調剤技術料, 院内処方と院外処方

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

H30-4-1-yakka-9%-down

平成30年4月1日適用の薬価を公開、内服薬は平均9%引き下げ

平成30年4月1日適用の薬価を公開、内服薬は平均9%引き下げ   厚生労働省は2018年3月5日、新薬価(4月1日以降)を公開しました。 全体的な薬価の引き下げ額としては 内服薬:平均9%引 …

tyouzaikihonryou-rule

調剤基本料の簡素化に関する減算案/未妥結減算ルールに単品単価契約率・一律値引き契約等に係る状況報告を追加

調剤基本料の簡素化に関する減算案/未妥結減算ルールに単品単価契約率・一律値引き契約等に係る状況報告を追加   厚生労働省がすすめている医薬品の流通改善に関して新たなルールが追加される案が中央 …

AG-drugs-H30-yakkakaitei

AG薬の薬価は0.4掛けルール適用/平成30年度薬価改定(案)を公開

AG薬の薬価は0.4掛けルール適用/平成30年度薬価改定(案)を公開   厚生労働省・中央社会保険医療協議会 薬価専門部会(第140回)において平成30年度薬価改定(案)である薬価制度の抜本 …

75%-80%-85%

後発医薬品調剤体制加算75%、85%へ

後発医薬品調剤体制加算75%、85%へ   厚生労労働省は2018年度調剤報酬改定における後発医薬品調剤体制加算を   後発医薬品調剤体制加算1:後発医薬品の調剤数量が75%以上の …

online-fukuyaku-sido

処方箋の完全電子化の実現により「オンライン服薬指導」を可能に?

処方箋の完全電子化の実現により「オンライン服薬指導」を可能に?   2018年4月20日、政府の規制改革推進会議において「移動が困難な患者における在宅ニーズの拡大」についての話し合いが行われ …