おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

痛み止め 販売中止

インテバンSP販売中止と、その類似品について

投稿日:

インテバンSP販売中止と、その類似品について

インテバンSP(徐放性インドメタシンカプセル)が製造工場の閉鎖に伴い販売が中止となることがわかりました。経過措置は未定ですが、出荷終了予定時期は2019年6月頃となる見込みです。

インテバンSPが販売中止(日本皮膚科学会より)

痛み止めとして小児に対するカロナール(アセトアミノフェン)を使用する場合の量15mg/kgについて

インテバンSPの販売中止に伴い、その類似品としてはインドメタシン製剤のプロドラッグが薬価収載されています(インドメタシン製剤のプロドラッグとは不活性の状態で消化管から吸収された後、体内で代謝をうけてインドメタシンへ変換して痛み止めの作用を示す薬のことです)。

 

インドメタシン製剤のプロドラッグ

・インフリー(インドメタシンファルネシル)

・ミリダシン(プログルメタシンマレイン酸塩)

・ランツジールコーワ(アセメタシン)

 

インドメタシンとしての薬物動態の違いについて

インテバンSPおよびインドメタシン製剤のプロドラッグについて、体内に取り込まれたあと、インドメタシンとしての薬物動態について確認してみました。

 

インテバンSP25mg

(インタビューフォームのグラフから概算値を記します)

最高血中濃度到達時間Tmax:2時間後

最高血中濃度Cmax:450~500ng/ml

半減期:4時間ほど

 

インフリーカプセル100mg2カプセル

(インタビューフォームのグラフから概算値を記します)

最高血中濃度到達時間Tmax:4時間後

最高血中濃度Cmax:200ng/ml

半減期:4~6時間ほど(グラフが見えにくくて詳細は不明)

 

ミリダシン90mg

(インタビューフォームのグラフから概算値を記します)

最高血中濃度到達時間Tmax:2.4時間後

最高血中濃度Cmax:113ng/ml

半減期:4時間ほど

 

ランツジールコーワ30mg

(インタビューフォームのグラフから概算値を記します)

最高血中濃度到達時間Tmax:3時間後

最高血中濃度Cmax:500ng/ml

半減期:2~3時間ほど

「ロキソニンのジェネリック医薬品は効きません」という患者様への対応

ハイペン錠(エトドラク)の痛み止めの効果を他剤と比較する

 

3剤のインドメタシン製剤のプロドラッグ製品は、体内に取り込まれた後のインドメタシンとして体内を流れる量には大きな違いがみられることがわかりました。インドメタシンの量としてインテバンSPと上記プロドラッグ3剤を等価換算する場合は、インタビューフォームのインドメタシン量が一つの指標となるかもしれません。

 

インテバンSPには適応外ながら好酸球性膿疱性毛包炎の治療に対する保険審査上の使用が認められており、その奏効率は87%と報告されておりました。




-痛み止め, 販売中止
-インテバンSP, インドメタシン, プロドラッグ, 代替品, 販売中止, 類似品

Copyright© おじさん薬剤師の日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.