Press "Enter" to skip to content

生活保護受給者の医療扶助の抑制策として後発医薬品の使用を閣議決定

ojiyaku 4
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

生活保護受給者の医療扶助の抑制策として後発医薬品の使用を閣議決定

 

政府は2018年2月9日、生活保護法や生活困窮者自立支援法など改革法案を閣議決定しました。今国会に提出し、今年度内の成立を目指します。

生活保護受給者の後発医薬品使用について

政府が閣議決定した改正法案について

 

・子供の貧困対策

生活保護世帯の子供が大学や専門学校に進む場合、新生活準備のためとして10~30万円を支給する制度(2018年4月施行予定)

 

・ひとり親家族対策

ひとり親家族に支給する児童扶養手当に関して、既存ルールでは4か月ごとにまとめて年3回支給する仕組みでしたが、2か月ごとにまとめて年6回支給するルールへ変更

(2019年9月施行予定)

 

・無料低額宿泊所の改善

無料低額宿泊所に関して防火体制や部屋面積などの最低基準を設ける(2020年4月)

 

・生活保護受給者の後発医薬品使用

生活保護費の医療費にあたる「医療扶助」の抑制策として、後発医薬品の使用を原則にし、医師が医学的に問題ないと判断すれば、本人の希望に関わらず処方されるようになります。

(2018年10月施行予定)

施行予定時期は2018年10月と予定されていますが、2018年4月から改定される診療報酬改定により後発医薬品使用率のハードルがいままで以上に上がっていますので、医療機関がいつごろから後発医薬品の使用を前向きに考えるかがポイントになるかもしれません。

生活保護受給者の後発医薬品使用について

現行の医療扶助の方法を確認してみると、以下に示しますように「可能な限り後発医薬品の使用を促すことによりその給付を行うよう努めるものとする」という程度にとどまっておりました。

 

~医療扶助の方法(第三四条)~

前項に規定する医療の給付のうち、医療を担当する医師又は歯科医師が医学的知見に基づき後発医薬品(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和三十五年法律第百四十五号)第十四条又は第十九条の二の規定による製造販売の承認を受けた医薬品のうち、同法第十四条の四第一項各号に掲げる医薬品と有効成分、分量、用法、用量、効能及び効果が同一性を有すると認められたものであつて厚生労働省令で定めるものをいう。以下この項において同じ。)を使用することができると認めたものについては、被保護者に対し、可能な限り後発医薬品の使用を促すことによりその給付を行うよう努めるものとする。

  1. 上野 泰(うえの とおる) 上野 泰(うえの とおる)

    ジェネリックしかない商品(薬剤)はどうするんでしょうね?。そのあたりを書いてくれないと。

    • ojiyaku ojiyaku

      ご連絡ありがとうございます。

      カロナールやメチコバール、マグミット錠のようにジェネリック医薬品しかない(先発医薬品がない)医薬品については現状通り、医師が一般名またはジェネリック医薬品名を処方箋に記し、薬局がジェネリック医薬品を調剤する流れとなります。

      現状で医療費抑制の心意をどこまで追求するかはわかりませんが、例えばメチコバール500μgは17.1円、それ以外のメコバラミン500μgは5.6円です。医療費抑制を考えるのであれば、後者を選択するのがよいのかもしれませんが、現状ではそこまで求めているのかどうなのか・・・わかりません。数年後には上市から12年経過したジェネリック医薬品の価格帯が1つに統一されることが決定しましたので、今のところは先発医薬品ではなく後発医薬品を使用すれば行政の意図に合致する(複数ある後発品の価格帯については言及しない)という解釈でいいような気もします。

      調剤薬局としても次々に発売されるあらゆる医薬品の格安ジェネリック医薬品を採用するために、既存で採用していた少し価格の高い同じ成分のジェネリック医薬品を非採用とすることは非常に難しいかと思われます。

      • 上野 泰(うえの とおる) 上野 泰(うえの とおる)

        私が飲んでいる「リリカ」も、まだ「先発薬」のみです。2か月前に貰いました。その際は「OD」とあったので、違う薬なのかと医師に尋ねたら「水なし」でも飲めるだけ、成分も変わってないと…。

        • ojiyaku ojiyaku

          ご連絡ありがとうございます。

          本文で記しました医療扶助の閣議決定案が法律として可決された場合は以下のような対応になるかと思います。

          リリカやリリカOD錠のように、現状で先発医薬品しか発売されていない医薬品に関しては、引き続き先発医薬品を処方する。
          後発医薬品が発売されている医薬品に関しては一般名または後発医薬品名で処方する
          後発医薬品しか発売されいない医薬品に関しては一般名または後発医薬品名で処方する

          このため、既存の治療薬を見直すというわけではなく、同じ成分で同じ効果の後発医薬品について、医師が使用を認めた場合は使用していく流れになるかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。