おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

「 効果 」 一覧

mayzent

メーゼント錠(二次性進行型多発性硬化症進行抑制薬)のはたらきについて

メーゼント錠(二次性進行型多発性硬化症進行抑制薬)のはたらきについて   多発性硬化症進行抑制薬「メーゼント錠」がノバルティスファーマより発売となりました。 既存の内服薬である「ジレニア」や …

aducanumab

アルツハイマー病治療薬“アデュカヌマブ”を米国FDAが受理(2020/8/20)

アルツハイマー病治療薬“アデュカヌマブ”を米国FDAが受理(2020/8/20) 米バイオジェンエーザイはアルツハイマー病治療薬候補「アデュカヌマブ」の申請がが米国食品医薬品局(FDA)に受理されたこ …

buccoram

てんかん発作時の頓服薬「ブコラム口腔用液」の承認審査

てんかん発作時の頓服薬「ブコラム口腔用液」の承認審査   てんかんの重積状態は、迅速な治療を行わない場合、長期的な後遺障害に至ることもあり、初期治療が非常に重要となります。武田薬品が製造承認 …

oral-semaglutide-1

経口GLP-1受容体作動薬リベルサス錠が新薬承認

経口GLP-1受容体作動薬リベルサス錠が新薬承認 追記:2020年6月2日 インスリン製剤早見表(2020-2021) インスリン製剤・DPP-4阻害薬・SGLT2阻害薬・GLP-1受容体作動薬の製品 …

colon

整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着する?

整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着するのか   ビオフェルンやビオスリー、ミヤBMといった整腸剤を飲んでいる間は腸内に生息している善玉菌が優勢に生息して、悪玉菌の増殖を …

Clonazepam-1

神経内科におけるリボトリールの効果について

神経内科におけるリボトリールの効果について Clonazepam 2019年7月から脳神経外科・神経内科関連の門前薬局で勤務を開始しました。これまで脳神経外科・神経内科関連の薬を手にする機会が非常に少 …

LYRICA-Anxiety-disord

神経からくる痛み止め「リリカ」の不安障害に対する効果について

神経からくる痛み止め「リリカ」の不安障害に対する効果について 2019年7月7日追記 リリカ服用による自殺リスクについて   スウェーデンの処方データ解析によると、2006~2013年にリリ …

ICS

喘息と副鼻腔炎の治療として吸入ステロイドを吸った後、鼻から出す

喘息と副鼻腔炎の治療として吸入ステロイドを吸った後に鼻から息を吐く 喘息治療と好酸球性副鼻腔炎の同時治療として吸入ステロイド薬を吸った後、鼻からゆっくり排出するという治療を行っている報告が紹介されてお …

neurostar

抗うつ治療装置“頭部磁気刺激治療装置「ニューロスター」”を帝人ファーマが販売(保険適用)

抗うつ治療装置“頭部磁気刺激治療装置「ニューロスター」”を帝人ファーマが販売(保険適用)   帝人ファーマが抗うつ治療を目的とした装置「頭部磁気刺激治療装置「ニューロスター」の販売を開始しま …

optimal-dose-SSRI

第二世代抗うつ薬(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト・リフレックス・イフェクサー)のちょうどいい服用量とは?

第二世代抗うつ薬(パキシル・レクサプロ・ジェイゾロフト・リフレックス・イフェクサー)のちょうどいい服用量とは?   京都大学が調査した報告によると、第二世代の抗うつ薬を約8週間飲み続ける場合 …