おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

出荷調整 抗てんかん薬

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」が出荷調整

投稿日:2018年12月6日 更新日:

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」が出荷調整

 

バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」が出荷制限による流通規制がかかっており、安定供給の時期が未定となっております。(2018年12月現在)

 

デパケンR200mgのジェネリック医薬品は

バルプロ酸Na徐放B錠200mg「トーワ」

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」

という2製品しかありませんので、そのうちの片方で出荷規制がかかると、他方の安定供給にも影響がでることもあり得る気がします。

 

バルプロ酸ナトリウムSR錠 200mg「アメル」を製造販売している共和薬品工業へ確認したところ、

「既存で使用している薬局に対しては引き続き継続的に同程度の納品は可能」

という回答でした。

ただし、詳細については「地域担当の医薬品卸へご確認ください」という回答でした。

 

デパケンR200mgとそのジェネリック医薬品に関して市場の年間使用量を確認してみると

デパケンR200mg:2億錠

バルプロ酸Na徐放B錠200mg「トーワ」:8000万錠

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」:5000万錠

 

となっておりますので、バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」は市場の15%を占める製剤となっております。

 

流通規制がかかりながらも、供給が続いているうちはいいのですが、

“使用量”>“供給量”

となった段階で、他剤への切り替えを行わなければなりません。バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」は1包化することも多い製剤ですので、他剤へ変更する際は1包化カセットに合うかどうかといった錠剤サイズも気になるところです。

vpa-syukka-tyousei

vpa-syukka-tyousei

バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」

直径:10.4mm

厚さ:6.4mm

質量:510

販売包装:PTP100、バラ500

 

デパケンR200mg

直径:10.6mm

厚さ:6.6mm

質量:520

販売包装:PTP100、PTP1000、バラ1000

 

バルプロ酸Na徐放B錠200mg「トーワ」

直径:10.5mm

厚さ:6.6mm

質量:520

販売包装:PTP100、PTP1000、バラ300

 

上記3剤の錠剤サイズは直径・厚さともに0.2mm以内におさまっておりますので、一般的には錠剤分包機の錠剤カセットを流用できることが予想されます。

-出荷調整, 抗てんかん薬
-デパケンR, トーワ, バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」, 出荷制限, 安定供給, 流通規制

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

kansou-jyakudoku-masin-vaccine

武田「乾燥弱毒生麻しんワクチン」を4月23日から出荷調整

武田「乾燥弱毒生麻しんワクチン」を4月23日から出荷調整   武田薬品はGWを前に、4月23日より「乾燥弱毒生麻しんワクチン「タケダ」を出荷調整することを公表しました。   麻しん …

LANSAP-selling discontinued

武田薬品ランサップ・ランピオン・ポリトーゼカプセル・顆粒、一部包装販売中止

目次 武田薬品ランサップ・ランピオン・ポリトーゼカプセル・顆粒、一部包装販売中止ランサップ・ランピオンパックの販売中止についてポリトーゼカプセル・顆粒の販売中止についてアジルバ・ザクラス・ロゼレム・ネ …

VPA-VPAR

デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法

目次 デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法結論調剤過誤パターンデパケンR錠200mgとデパケン錠200mgの外来使用量(H28年4月~H29年3月)デパケン錠20 …

depaken-r100mg

デパケンR100mgPTP包装が自主回収(2019年7月8日)

目次 デパケンR100mgPTP包装が自主回収(2019年7月8日)回収対象品 デパケンR100mgPTP包装が自主回収(2019年7月8日) 協和キリンは2019年」7月8日、デパケンR錠100mg …

antihistamine-infant-fever-convulsion

抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について

目次 抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について抗ヒスタミン剤と熱性けいれん結果 抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について &nb …

  google adsense




基礎的医薬品リスト2020年4月

2020年度薬価改定新旧比較データ

2020年6月発売GEリスト(エクセル)




yakureki_310

薬歴の悩み解決
m3.com:薬剤師会員制情報サイト
ご興味のある方は是非!