おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

出荷調整 抗てんかん薬

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」が出荷調整

投稿日:2018年12月6日 更新日:

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」が出荷調整

 

バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」が出荷制限による流通規制がかかっており、安定供給の時期が未定となっております。(2018年12月現在)

 

デパケンR200mgのジェネリック医薬品は

バルプロ酸Na徐放B錠200mg「トーワ」

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」

という2製品しかありませんので、そのうちの片方で出荷規制がかかると、他方の安定供給にも影響がでることもあり得る気がします。

 

バルプロ酸ナトリウムSR錠 200mg「アメル」を製造販売している共和薬品工業へ確認したところ、

「既存で使用している薬局に対しては引き続き継続的に同程度の納品は可能」

という回答でした。

ただし、詳細については「地域担当の医薬品卸へご確認ください」という回答でした。

 

デパケンR200mgとそのジェネリック医薬品に関して市場の年間使用量を確認してみると

デパケンR200mg:2億錠

バルプロ酸Na徐放B錠200mg「トーワ」:8000万錠

バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」:5000万錠

 

となっておりますので、バルプロ酸ナトリウムSR錠200mg「アメル」は市場の15%を占める製剤となっております。

 

流通規制がかかりながらも、供給が続いているうちはいいのですが、

“使用量”>“供給量”

となった段階で、他剤への切り替えを行わなければなりません。バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」は1包化することも多い製剤ですので、他剤へ変更する際は1包化カセットに合うかどうかといった錠剤サイズも気になるところです。

vpa-syukka-tyousei

vpa-syukka-tyousei

バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」

直径:10.4mm

厚さ:6.4mm

質量:510

販売包装:PTP100、バラ500

 

デパケンR200mg

直径:10.6mm

厚さ:6.6mm

質量:520

販売包装:PTP100、PTP1000、バラ1000

 

バルプロ酸Na徐放B錠200mg「トーワ」

直径:10.5mm

厚さ:6.6mm

質量:520

販売包装:PTP100、PTP1000、バラ300

 

上記3剤の錠剤サイズは直径・厚さともに0.2mm以内におさまっておりますので、一般的には錠剤分包機の錠剤カセットを流用できることが予想されます。

-出荷調整, 抗てんかん薬
-デパケンR, トーワ, バルプロ酸ナトリウムSR200mg「アメル」, 出荷制限, 安定供給, 流通規制

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

buccoram

てんかん発作時の頓服薬「ブコラム口腔用液」が医薬品として承認

てんかん発作時の頓服薬「ブコラム口腔用液」が医薬品として承認 2020年11月11日 ブコラム口腔用液が医薬品として承認されました。 効能・効果:てんかん重積状態 薬価: 2.5mg0.5mL1筒 1 …

stalevoL

スタレボ配合錠/アゾルガ配合懸濁性点眼液の供給が滞る

スタレボ配合錠/アゾルガ配合懸濁性点眼液の供給が滞る スタレボ配合錠とアゾルガ配合懸濁性点眼液を製造販売しているノバルティスファーマのホームページを確認したところ11月11日に以下のようなお知らせがあ …

VPA-VPAR

デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法

デパケン錠200mgとデパケンR錠200mgの取り間違い過誤を防止する方法   薬剤師会による調剤過誤関連の報告例・ヒヤリ・ハット事例集・厚生労働省のインシデントに関する医薬品情報集計には …

sawai1

沢井製薬が10/15に3製品について一時供給停止を公開

沢井製薬が10/15に3製品について一時供給停止を公開 沢井製薬のホームページを確認したところ L-アスパラギン酸Ca錠200mg「サワイ」 (在庫消尽時期:PTP100錠:2019年11月中旬・PT …

vpa-neurodevelopmental

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇

妊娠中にデパケン(バルプロ酸)を服用すると、出生時の神経発達障害リスクが上昇 フランスで172万人規模の出生時を対象とした報告によると、母親が抗てんかん薬のデパケン(バルプロ酸)を服用した場合、暴露し …