おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

下剤 飲み続ける

酸化マグネシウムをずっと飲み続けても大丈夫ですか?

投稿日:

酸化マグネシウムをずっと飲み続けても大丈夫ですか?

 

長く飲み続けても癖にならない下剤として「酸化マグネシウム」製剤を長期間飲み続けている患者様がおります。長年同じ量を飲み続けても排便効果が実感できるため非常に有用な薬だと思います。酸化マグネシウムの薬の効き目に関しては耐性が生じない(癖にならない/効かなくなりにくい)ことはわかるのですが、では、ずーっと飲み続けた場合の体調変化はどうなんだろう?という疑問がわきましたので調べてみました。

magnesium-oxide-risk1

magnesium-oxide-risk1

酸化マグネシウムを飲んだ場合の薬物動態について

 

酸化マグネシウム錠の添付文書やインタビューフォームには薬物動態(どのように吸収されて血液中をどの程度ながれてどのように排泄されるか)が記されておりません。ラットに大量の酸化マグネシウム(200mg)を投与した際の薬物動態を報告したデータによると、85%は吸収されずに糞便中に排泄され、残りの15%は小腸・結腸で吸収されて血液中を流れて尿中に排泄されたという報告があります。ヒトでの薬物動態のデータがありませんので、ラットのデータをヒトに置き換えて以下の薬物動態を検討します。

 

例えば緩下剤として1日酸化マグネシウムを2gのんでいる患者様を想定します。

 

酸化マグネシウム2g中に含まれるマグネシウム量は1.206gです。そのうち15%が小腸を経由して体内に吸収されると仮定すると、吸収されたマグネシウムの量は0.1809g(180.9mg)です。体内に吸収されたマグネシウムのうち73%は骨に吸着されます。それ以外の部位では腎臓に7.6%、脳に10.5%、筋肉に4.6%、心臓に4.4%へ分布し、血液中には0.5%しか移行しません。加えて、多すぎるマグネシウムは腎臓を経由して尿中に排泄されます。排泄量は体内にあるマグネシウムの量に依存するのですが、マグネシウム量として1日10~150mg程度(概算値)の幅をもって排泄量が調節されております。

 

上記の薬物動態を踏まえますと、1日に酸化マグネシウムを2g飲んでいた場合、その15%ほどが体内に吸収されるものの、そのほとんどが骨に吸着され、多いマグネシウムは腎臓経由で尿中に排泄されるので血液中のマグネシウム濃度には、ほとんど影響しない(高マグネシウム血症にはならない)ことがわかります。

酸化マグネシウムを飲んで高マグネシウム血症となる場合

 

酸化マグネシウムを飲み続けている日本人を対象とした高マグネシウム血症リスクに関する報告を三重大学病院行っております(2019年2月)

 

酸化マグネシウム(平均服用量:990mg/日)を飲んでいる320人を対象として高マグネシウム血症の発症リスクと発生要因を調べた報告によると

高マグネシウム血症グレード1(2.5~3mg/dl以上):62人

高マグネシウム血症グレード3(3.0~8.0mg/dl以上):13人

 

酸化マグネシウムを飲んでいる方の23%((62+13)/320人)が高マグネシウム血症であることが示されており、高マグネシウム血症を発症した患者様の発生リスクは以下の4点であると報告されております

 

・eGFR値(推算糸球体濾過量)が55.4ml/分以下→4.56倍リスクがUPする

・BUN値(血清尿素窒素)が22.4mg/dl以上→4.79倍リスクがUPする

・1日の酸化マグネシウムの服用量1.65g以上→2倍リスクがUPする

・酸化マグネシウムの連続服用日数36日以上→2.1倍リスクがUPする

 

上記の条件が、高マグネシウム血症を引き起こすリスク因子となります。酸化マグネシウムを飲み続けている方の中で上記の条件をいくつか満たす方に関しては、倦怠感・吐き気・徐脈・低血圧といった高マグネシウム血症の前兆となる症状が出ていないか注意喚起を行うことが大切だなぁと感じました。

酸化マグネシウム服用による高マグネシウム血症リスクについて(三重大学病院2019年2月)

重質酸化マグネシウムと酸化マグネシウムは同じ製品です

酸化マグネシウムを飲み続けるといいことはあるのかどうか

 

酸化マグネシウムを飲み続けた場合、上記の条件を満たすと「高マグネシウム血症のリスク」がUPすることはわかりましたが、逆に飲み続けることで体にとって良いことはないのかどうか報告をしらべてみました。

 

酸化マグネシウムと認知症

 

台湾での小規模臨床報告のデータによると、酸化マグネシウムの服用歴がある方は、飲んでいない人と比較して認知症を発症するリスクが半分に減少したという報告が2017年4月にありました。酸化マグネシウムの服用を開始してから10年間の追跡調査期間中に認知症を発症したリスクを調査したところ、酸化マグネシウムを服用した群は飲まなかった群と比較してハザード比が0.517(リスクが半分に減った)まで減少したという報告です。

酸化マグネシウムが認知症リスクを軽減

低用量酸化マグネシウムと糖尿病

 

低マグネシウム血症は傷の治りが遅くなることが報告されており、糖尿病性足潰瘍患者さんにおいては症状の悪化をもたらすケースがあります。1日1回酸化マグネシウム250mgを12週間服用した群とプラセボ群とで足潰瘍の治療がどのように変化するか調査しておりいます。

 

12週間後のデータ(酸化マグネシウム服用群VSプラセボ群)

 

酸化マグネシウム服用群

血清マグネシウム濃度:+0.3±0.3mg/dl

足潰瘍部分の長さ:―1.8±2.0cm

足潰瘍部分の幅:-1.6±2.0cm

足潰瘍部分の深さ:-0.8±0.8cm

空腹時血糖:-45.4±82.6mg/dl

血清インスリン値:-2.4±5.6μIU/ml

HbA1c::-0.7±1.5%

 

プラセボ服用群

血清マグネシウム濃度:-0.1±0.2mg/dl

足潰瘍部分の長さ:―0.9±1.1cm

足潰瘍部分の幅:+0.8±0.9cm

足潰瘍部分の深さ:-0.3±0.5cm

空腹時血糖:-10.±53.7mg/dl

血清インスリン値:+1.5±9.6μIU/ml

HbA1c::-0.1±0.4%

 

糖尿病性足潰瘍患者さんの場合、酸化マグネシウム250mgを12週間飲み続けると、潰瘍サイズの減少、血糖値低下という有益な効果を及ぼす可能性が示唆された報告があります。

糖尿病性足潰瘍におけるマグネシウム補充

 

-下剤, 飲み続ける
-副作用リスク, 継続服用, 腎機能, 酸化マグネシウム, 飲み続ける, 高マグネシウム血症

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

laxative-yakureki

下剤をお渡しする際に患者様へお伝えすること・下剤の薬歴について

目次 下剤をお渡しする際に患者様へお伝えすること・下剤の薬歴についてグーフィス錠リンゼスアミティーザモビコール配合内用剤プルゼニド・アローゼン酸化マグネシウム 下剤をお渡しする際に患者様へお伝えするこ …

olmesartan-effect

オルメサルタンの効き目が24時間続く理由/オルメサルタン関連下痢

目次 オルメサルタンの効き目が24時間続く理由/オルメサルタン関連下痢オルメサルタンの効き目が24時間続く理由オルメサルタンは長く作用部位にくっつくオルメサルタンは定常状態がある薬オルメサルタンを飲み …

GOOFICE-efect

グーフィス錠5mgの慢性便秘症に対する作用

目次 グーフィス錠5mgの慢性便秘症に対する作用グーフィス錠の臨床データ グーフィス錠5mgの慢性便秘症に対する作用   胆汁酸トランスポーター阻害薬“グーフィス錠5mg(エロビキシバット) …

sankamagunesiumu-jyusitusankamagunesiumu

重質酸化マグネシウムと酸化マグネシウムは同じ製品です

目次 重質酸化マグネシウムと酸化マグネシウムは同じ製品ですまとめ 重質酸化マグネシウムと酸化マグネシウムは同じ製品です   重質酸化マグネシウムも酸化マグネシウムも同じ「酸化マグネシウム」製 …

anti-hypertensive-risk

高血圧の薬をずっと飲み続けても大丈夫ですか?

目次 高血圧の薬をずっと飲み続けても大丈夫ですか?カルシウム拮抗薬を飲み続けても大丈夫かどうかカルシウム拮抗薬を飲み続けた場合の肺がんリスクについて(2019年5月)カルシウム拮抗薬を飲み続けることと …