おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

糖尿病

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

投稿日:

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

追記:2021/7/9

新規グルカゴン様ペプチド(GLP-1)受容体作動薬「efpeglenatide」の心血管安全性を評価したAMPLITUDEO試験が公開され、心血管リスクに加えて腎複合リスクも軽減することが示されましたので下記します。

新規GLP-1受容体作動薬「efpeglenatide」とは

アメリカドクトカゲの唾液腺から分離されたexendin-4を基本骨格としてヒト免疫グロブリンGのFc領域を結合させて製造された製剤です。

週1回注射する医薬品として臨床試験が行われています。糖尿病治療薬でありながら心血管リスク、腎複合リスクも軽減できる可能性があるとして臨床し意見が行われていました。

AMPLITUDE試験

HbA1c7%以上の2型糖尿病であり、心血管疾患の既往がある18歳以上の患者または、eGFRが25~59.9ml/分/1.73㎡であり、心血管リスクを1つ以上もつ男性50歳以上、女性55歳以上を対象として、2型糖尿病の標準治療に加えて、efpeglenatide 4mg/週1回投与群、同6mg/週1回投与群、プラセボ投与群の3群にランダムに割付らて試験が行われました。

主要評価項目:心血管死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中のいずれかの初回発生

結果

主要評価イベント発生率

efpeglenatide投与群:189例/2717例(7%)

プラセボ投与群:125例/1359例(9.2%)

相対的にみると、efpeglenatide投与群が27%抑制されたことになります。投与開始から3カ月以内に差が開き始め、心血管イベント発生率はefpeglenatide群の方が低い結果となりました。

 

腎複合イベント

efpeglenatide投与群:353例/2717例(13%)

プラセボ投与群:250例/1359例(18.4%)

相対的に見るとefpeglenatide投与群で32%抑制されたことになります。

 

有害事象

efpeglenatide投与群:5.4%

プラセボ投与群:3.6%

でefpeglenatide投与群が有意に多かった結果となりました。主な副作用は消化器症状、膵炎などでしあ。

以上のデータよりefpeglenatideは血糖降下作用に加えて、心血管リスク・腎機能低下リスクを軽減できる作用が期待される新有効成分として期待されています。

新GLP-1受容体作動薬efpeglenatideの有効性について

以下は2018年4月29日の記載した内容です

2型糖尿病患者さんに対する血糖降剤“SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤“について心血管疾患イベントへの影響に関するメタ解析をイギリスの研究チームが報告しました。

 

調査内容

プラセボと比較してSGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の服用することで心血管イベントへどの程度影響するかを調査する

SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管イベントへの影響について

被験者

2型糖尿病患者(n=17万6310例)についてメタ解析を行った。

 

評価項目

一次アウトカム:全死亡

 

結論(プラセボに対するハザード比リスク)

~全死亡率~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.8

GLP-1作用薬:ハザード比0.88

全死亡率がSGLT2阻害剤で20%、GLP-1作用薬で12%低下していることがわかります。

 

一方で

DPP-4阻害剤には全死亡率を低下させる作用は示されませんでした。(プラセボと比較して低減効果なし)

 

以下、プラセボと比較して発症リスクを低減したデータを示します

~心血管死亡率~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.79

GLP-1作用薬:ハザード比0.85

 

~心不全発症リスク~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.62

SGLT2阻害薬での心血管リスク低下について40万人規模でのデータ報告(CVD-REAL2試験)

sglts-dpp4

sglts-dpp4

~不安定狭心症発症リスク~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.86

 

有害事象の発症リスクを確認してみると

GLP-1作用薬はSGLT2阻害剤の1.8倍、DPP-4阻害剤の1.93倍のハザードリスクで有害事象が発症していました。

SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管イベントへの影響について

まとめ

ネットワークメタ解析の結果、SGLT2阻害剤およびGLP-1作用薬はDPP-4阻害剤やプラセボと比較して死亡率の低下と関連していました。DPP-4阻害剤の使用は死亡率の低下とは関連していませんでした。

メトグルコ服用と体重増減について

-糖尿病
-DPP-4阻害剤, GLP-1作用薬, SGLT2阻害剤, 不安定狭心症, 心不全, 心血管リスク, 死亡率

執筆者:ojiyaku


  1. […] 2型糖尿病におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤を使用することによる心血管疾患イベントへの影響について […]

  2. […] 2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について  […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

icodec

週1回投与の基礎インスリン製剤の治験データについて

週1回投与の基礎インスリン製剤の治験データについて   ノボノルディスクが開発を進めている週1回タイプの長時間基礎インスリンアナログ製剤「インスリンicodec」の治験データが公開されました …

weight-metgluco

長時間座っていると糖代謝に影響する。改善するには起立ではなくウォーキング

長時間座っていると糖代謝に影響する。改善するには起立ではなくウォーキング   長時間座っている姿勢を続けると糖代謝の悪化をまねくだろうなぁというイメージは沸きます。   129人の …

glp1-diet

米国FDAがセマグルチドに肥満症の適応追加承認(2021/6/15)

米国FDAがセマグルチドに肥満症の適応追加承認(2021/6/15) 米国食品医薬品局(FDA)は2021/6/4にGLP-1受容体作動薬(セマグルチド)について肥満症、過体重成人における慢性体重管理 …

TWYMEEG1

ツイミーグ錠(イメグリミン)とメトホルミンの類似点・相違点について

ツイミーグ錠(イメグリミン)とメトホルミンの類似点・相違点について   2021年5月末に新規作用機序の血糖降下剤「ツイミーグ錠」が販売されました。 ツイミーグ錠は濃度依存的にインスリン分泌 …

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について

ビタミンD摂取がインスリン感受性を改善する可能性について ビタミンD摂取が肥満患者におけるインスリン感受性を改善するかどうかに関してイタリアの研究チームが3か月間の調査結果を公開しました。 対象 糖尿 …