おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

糖尿病

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

投稿日:2018年4月29日 更新日:

2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について

 

2型糖尿病患者さんに対する血糖降剤“SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤“について心血管疾患イベントへの影響に関するメタ解析をイギリスの研究チームが報告しました。

調査内容

プラセボと比較してSGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の服用することで心血管イベントへどの程度影響するかを調査する

SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管イベントへの影響について

被験者

2型糖尿病患者(n=17万6310例)についてメタ解析を行った。

 

評価項目

一次アウトカム:全死亡

 

結論(プラセボに対するハザード比リスク)

~全死亡率~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.8

GLP-1作用薬:ハザード比0.88

全死亡率がSGLT2阻害剤で20%、GLP-1作用薬で12%低下していることがわかります。

 

一方で

DPP-4阻害剤には全死亡率を低下させる作用は示されませんでした。(プラセボと比較して低減効果なし)

 

以下、プラセボと比較して発症リスクを低減したデータを示します

~心血管死亡率~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.79

GLP-1作用薬:ハザード比0.85

 

~心不全発症リスク~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.62

SGLT2阻害薬での心血管リスク低下について40万人規模でのデータ報告(CVD-REAL2試験)

sglts-dpp4

sglts-dpp4

~不安定狭心症発症リスク~

SGLT2阻害剤:ハザード比0.86

 

有害事象の発症リスクを確認してみると

GLP-1作用薬はSGLT2阻害剤の1.8倍、DPP-4阻害剤の1.93倍のハザードリスクで有害事象が発症していました。

SGLT2阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管イベントへの影響について

まとめ

ネットワークメタ解析の結果、SGLT2阻害剤およびGLP-1作用薬はDPP-4阻害剤やプラセボと比較して死亡率の低下と関連していました。DPP-4阻害剤の使用は死亡率の低下とは関連していませんでした。

メトグルコ服用と体重増減について

-糖尿病
-DPP-4阻害剤, GLP-1作用薬, SGLT2阻害剤, 不安定狭心症, 心不全, 心血管リスク, 死亡率

執筆者:ojiyaku


  1. […] 2型糖尿病におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤を使用することによる心血管疾患イベントへの影響について […]

  2. […] 2型糖尿病患者におけるSGLT阻害剤、GLP-1作用薬、DPP-4阻害剤の心血管疾患イベントへの影響について  […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

SGLT2-jardiance

フォシーガ錠に慢性心不全の適応が追加される(日本国内)

フォシーガ錠に慢性心不全の適応が追加される(日本国内) 2020年10月9日の厚生労働省薬食審・医薬品第一部会にてSGLT2阻害剤フォシーガ錠に「慢性心不全」の適応症に関する審議が行われ、了承されまし …

厳格な血糖コントロールをしているうちは心血管リスクを低く保つことができるが・・

厳格な血糖コントロールをしているうちは心血管リスクを低く保つことができるが・・   2型糖尿病患者さんにおいて、HbA1cを厳格に管理した群と標準管理した群における心血管リスクに関する報告が …

kaisyu1

メトホルミン塩酸塩500mgMT「トーワ」、「日医工」がクラスⅠ自主回収(NDMA)

メトホルミン塩酸塩500mgMT「トーワ」、「日医工」がクラスⅠ自主回収(NDMA) 東和薬品と日医工はメトホルミン塩酸塩500mgMT「トーワ」、「日医工」の一部のロットについて、管理指標(0.04 …

imeglimin

新規糖尿病治療薬イメグリミン(imeglimin)の効果について

新規糖尿病治療薬イメグリミン(imeglimin)の効果について イメグリミン塩酸塩を2型糖尿病を適応症として国内承認申請(大日本住友製薬) 2020年7月30日、大日本住友製薬は2型糖尿病を適応症と …

nanopassjr

インスリン製剤は「前回の注射箇所から少なくとも2~3cm離す」

インスリン製剤は「前回の注射箇所から少なくとも2~3cm離す」 厚生労働省はインスリン製剤の注射箇所を「少なくとも前回の注射箇所から2~3cm離す」ことや注射箇所に腫瘤「しこり・こぶなど」や硬結(硬く …