おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

ジェネリック医薬品発売開始 抗コレステロール薬

ロトリガ粒状カプセルのジェネリック医薬品を調べてみる

投稿日:2022年5月7日 更新日:

ロトリガ粒状カプセルのジェネリック医薬品を調べてみる

2022年6月中旬に発売が予定されている「ロトリガ粒状カプセル」のジェネリック医薬品「オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g」の各社添付文書が出そろったようなので、それぞれの製品の特徴を調べてみました。

ロトリガ粒状カプセルのジェネリックについて記し前に、私の過去の経験なのですが、エパデールS900mgのジェネリック医薬品「イコサペント酸エチル粒状カプセル」が発売開始となったとき、とあるメーカーのGEを採用して患者様へイコサペント酸エチル粒状カプセル「○○」をお渡ししたのですが、服用した患者様から

「魚の臭いが強くて飲めない」

「喉にひっかかる感じがする」

「先発よりも粒が大きく感じて飲めない」

などのようなマイナスの感想を受け、後発品→エパデールSへ先発戻しをしたことがあります。

以上の経験を踏まえますと、魚油由来の薬は「におい」「喉ごし」に違いがあると、非常に飲みにくくなってしまうため、Geへ変更することで値段が安くなっても「先発のまま派」が残ってしまうという印象があります。

上記に対する一つの答えは

「オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g「武田テバ」がロトリガ粒状カプセルのAGですよ」

です。

武田テバが発売するオメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2gはロトリガと全く同じ薬ですので、「臭いの違い」や「喉ごし」の違いはありません。

「武田テバ」を採用薬とすれば患者様からの「先発に戻したい!」というご意見を減らすことができると考えます。

 

しかしですね、ここからが本題なのですが、病院や薬局は医薬品卸から薬を購入する際に、一定の値引きを行って購入するわけです。AG薬はジェネリック医薬品の中では売れ行きが良い商品ですので「値引き率」は低い印象があります。一方で、その他のGEメーカーが発売するジェネリック医薬品は「買ってほしい・採用薬にして欲しい」わけですから、AG薬よりも値引き率を引き上げて「買ってください」というスタンスで医療機関にアプローチすることが多いです。

さてさて、患者様に違和感なく服用してもらえて、薬局にも一定のメリットがあるGEメーカーの薬はどれなのかしらぁぁ??

というのが新規ジェネリック医薬品が発売された際に医療機関が考えることの一因かなぁと思いいます。

それでは、前置きが長くなりましたが、以下にロトリガ粒状カプセルのジェネリック医薬品の各社の違いを記します。

各社から発売されるオメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2gの違いについて

医薬品名でいいますと

オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g「MJT」(販売元:三和化学と共創未来ファーマ)

オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g「YD」

オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g「ニプロ」

オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g「トーワ」

オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g「武田テバ」

という5製品が発売されます。

「武田テバ」製品は先発と同じ(AG薬)ですので、除外するとします。残り4製品の薬物動態を確認してみると

「MJT」「YD」「ニプロ」の薬は、薬物動態が全く同じですので、同一製剤であることがわかります。

つまり、「武田テバ」(AG薬)以外のメーカーを採用使用と考える場合は、

「MJT、YD、ニプロ」製品 or 「トーワ」製品かの2択になります。

以下に2製品の違いを記します

「MJT、YD、ニプロ」製品の特徴

添加物に注目します。

先発品の含有成分:d-α-トコフェロール、ダイズ油/カプセル本体:ゼラチン、濃グリセリン、D-ソルビトール液

「MJT、YD、ニプロ」の含有成分:d-α-トコフェロール、大豆レシチン香料/カプセル本体:ゼラチン、無水クエン酸、白糖、ペクチン

「トーワ」の含有成分:d-α-トコフェロール、大豆レシチン/カプセル本体:ゼラチン、濃グリセリン、D-ソルビトール液

注目すべきは「先発品にはダイズ油」が含まれているのに対して、「MJT、YD、ニプロ」製品および「トーワ」製品には大豆レシチンが含まれている点です。

似たようなものでしょ?と言ってしまえばそれまでなのですが、薬学的な定義としては

ダイズ油:油相基剤(精製された油)

大豆レシチン:乳化剤(リン脂質の集まり):大豆油を搾りった際にできる残渣

大豆レシチンはリン脂質の集まりであり、精製油と比較すると安定性には劣ります。人によっては「におい」を感じる方おります。

大豆レシチン(大豆リン脂質)について

「MJT,YD,ニプロ」製品は魚の油の臭い、大豆レシチンの臭いをマスクするために「香料」が転換されています。

「トーワ」製品には香料が添加されておりません。

2022年6月17日発売の新規後発医薬品エクセルダウンロードあり

上記はあくまで、添付文書上の記載を私なりに解釈した内容となります。

あとは、実際に試供品を手に取ってみて、AG薬以外の製品について「におい」や「喉ごし」を試してみることが有益かもしれません。

tab4

tab4

-ジェネリック医薬品発売開始, 抗コレステロール薬
-オメガ-3脂肪酸エチル粒状カプセル2g, ジェネリック, ロトリガ粒状カプセル, 違い

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

GE

2021年12月10日新発売のジェネリック医薬品リスト(エクセルファイルダウンロードあり)

2021年12月10日新発売のジェネリック医薬品リスト(エクセルファイルダウンロードあり) 追記:2021年12月9日 厚生労働省は2021年12月9日、官報にて後発医薬品薬価収載基準追補収載を告示し …

BLONANSERIN-generic-LONASEN

ロナセン錠のジェネリック医薬品“ブロナンセリン錠”の薬物動態比較データ/ロナセンとハロペリドールの効果比較

ロナセン錠のジェネリック医薬品“ブロナンセリン錠”の薬物動態比較データ/ロナセンとハロペリドールの効果比較データ 2019年5月24日追記 2019年4月30日に、日本人の統合失調症患者さんを対象とし …

bepotastine

タリオンのAG薬が2018年3月1日発売/リピディルのGEは1月26日発売

タリオンのAG薬が2018年3月1日発売/リピディルのGEは1月26日発売   タリオン錠・タリオンOD錠のAG薬(先発品と同じ成分のGE薬)が2018年3月1日にニプロから発売開始となりま …

fibrate-statin

スタチンとフィブラートの併用が可能になる(2018年10月16日)

スタチンとフィブラートの併用が可能になる(2018年10月16日)   「原則禁忌」とされていたスタチン系薬剤とフィブラート系薬剤の併用が可能となりました。厚生労働省医薬・生活衛生局医薬安全 …

202212GE

2022年12月9日発売の新規後発医薬品リスト(エクセルダウンロードあり)

2022年12月9日発売の新規後発医薬品リスト(エクセルダウンロードあり) 追記:2022年12月8日 厚生労働省は2022年12月8日、後発医薬品の薬価基準追補収載を官報告示しました。 今回新たに収 …

  google adsense




2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年12月発売予定のGEリスト(エクセルファイル)

2023年4月薬価改定 新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

2022年4月薬価改定。新旧薬価差比較データ(エクセルファイル)

おじさん薬剤師の働き方

how-to-work

薬剤師の育成について

how-to-bring-upo

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト

日医工・沢井・東和・日本ジェネリック・日本ケミファ・アメルの出荷調整リスト




how-to-work