おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

抗凝固剤(NOAC、DOAC)

カテーテルアブレーションを実施される心房細動患者を対象としたリクシアナの有効性・安全性について

投稿日:2019年3月20日 更新日:

カテーテルアブレーションを実施される心房細動患者を対象としたリクシアナの有効性・安全性について

 

第一三共が製造販売しているリクシアナ錠について、カテーテルアブレーションを実施される心房細動患者さんを対象とした安全性・有効性のデータがホームページに公開されました。

rikusiana

rikusiana

カテーテルアブレーションとは

静脈にカテーテルを挿入し、血管をたどって心臓へ進めます。カテーテルの先端に電極と呼ばれる金属をつけて、不整脈の原因部位に高周波電流を与えて治療する手術。術中および術後に重大な血栓塞栓リスクを伴うため、通常は抗凝固療法がおこなわれます。

公開データの概要(ELIMINATE-AF試験結果)

被験者:カテーテルアブレーションを施術される心房細動患者600名

リクシアナの服用方法:施術前21~28日及び施術後90日間休薬なし

比較対象:ワルファリン(服用期間は同じ)

 

結果

施術後90日間における総死亡、脳卒中、重大な出血の発現頻度

リクシアナ群:0.3%(1例/316例)

ワルファリン群:2.0%(2例/101例)

いずれも死亡例なし。上記の3例はいずれも重大な出血でした。

非弁膜症性心房細動患者に使用する経口抗凝固剤を比較する(NOAC・DOACの違いについて)

重大な出血の発現率

リクシアナ群:2.5%(10例/405例)

ワルファリン群:1.5%(3例/197例)

出血の多くはカテーテルアブレーション施術に関するもの

リクシアナ錠のELIMINATE-AF試験結果について

リクシアナ錠のELIMINATE-AF試験の結果(英語)

-抗凝固剤(NOAC、DOAC)
-ELIMINATE-AF試験結果, カテーテルアブレーション, リクシアナ, ワルファリン, 安全性, 心房細動, 有効性, 重大な出血リスク

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

antithrombotic-agents-yakureki

抗凝固薬をDo処方で継続している患者様への投薬・薬歴内容

抗凝固薬をDo処方で継続している患者様への投薬・薬歴内容   ワーファリンやプラザキサ・リクシアナといった抗凝固薬をDo処方で継続服用している患者様へお薬をお渡しする際に確認する事項・薬歴に …

NOAC-DOAC

非弁膜症性心房細動患者に使用する経口抗凝固剤を比較する(NOAC・DOACの違いについて)

非弁膜症性心房細動患者に使用する経口抗凝固剤を比較する(NOAC・DOACの違いについて) NOAC(プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナ)は、ワーファリンに比べて脳卒中または全身性塞栓 …

risk-christmas-eve

クリスマスイブの22時に心臓発作リスクが2倍近くまで上昇

クリスマスイブの22時に心臓発作リスクが2倍近くまで上昇   クリスマスや年末年始、夏休みといった長期休暇中の感情の高まり・食生活が心臓発作リスクと、どのような関係にあるかについて、スウェー …

LIXIANA-OD

リクシアナOD錠発売開始(2017年11月29日)

リクシアナOD錠発売開始(2017年11月29日) 2017年11月29日、第一三共よりリクシアナOD錠15mg、30mg、60mgが発売開始となります。 リクシアナ錠60mgが大きな剤形であり、高齢 …

Antiplatelet-Anticoagulant-1

抗凝固剤と抗血小板剤の併用についてアスピリンが必要かどうか

抗凝固剤と抗血小板剤の併用についてアスピリンが必要かどうか Antiplatelet-Anticoagulant 血をサラサラにするタイプの薬には抗凝固剤と抗血小板という2種類があります。 &nbsp …