おじさん薬剤師の日記

調剤薬局で勤務するおじさんです。お薬のはたらきを患者様へお伝えします

薬価改定

2020年(令和2年)薬価改定新旧比較データ(ダウンロードあり)

投稿日:

2020年(令和2年)薬価改定新旧比較データ(ダウンロードあり)

2020年3月5日、厚生労働省のホームページに2020年4月1日以降の薬価が公開されました。

 

内服薬・注射薬・外用薬について旧薬価と新薬価の比較データをエクセルファイルで作成しました。

 

内服薬

内服薬では1錠あたりの単価が高いビンダケルカプセル(アミロイドーシス治療薬)の薬価が14557円下がっています。

内科門前の調剤薬局で手にするタイプの薬としてはサムスカ錠やリクシアナ錠、ビスホスホネート製剤(骨粗しょう症治療薬)などの薬価がさがっている印象です。

内服薬で薬価が大きく下がる品目(上位10品目)

ビンダケルカプセル20mg   : 58230.4円→43672.8円(差額:-14557.6円)
イメンドカプセルセット     :11816.5円→8949.3円(差額:-2867.2円)
レブラミドカプセル5mg    : 9512.1円→8085.3円(差額:-1426.8円)
イメンドカプセル125mg   : 4998.7円→3787.7円(差額:-1211円)
レブラミドカプセル2.5mg :7981.1円→6783.9円(差額:-1197.2円)
エプジコム配合錠          :4020.8円→2973.9円(差額:-1046.9円)
ジオトリフ錠50mg        : 12870.6円→11906.2円(差額:-964.4円)
リムパーザ錠150mg     :6042.4円→5185.1円(差額:-857.3円)
イメンドカプセル80mg  : 3408.9円→2580.8円(差額:-828.1円)

2020-yakka

2020-yakka

外用薬

外用薬では1本あたりの単価が高い喘息治療薬、COPD治療薬の薬価が1000円近く下がっている品目が目につきます。

外用薬で薬価が大きく下がる品目(上位10品目)

サーファクテン気管注入用120mg        :79006.1円→76488.3円(差額:-2517.8円)
シムビコートタービュヘイラー60吸入     :5935.3円→4252円(差額:-1683.3円)
スピリーバ2.5μgレスピマット60吸入:6245.7円→4845.8円(差額:-1399.9円)
シムビコートタービュヘイラー30吸入    :3047.7円→2201.5円(差額:-846.2円)
タコシール組織接着用シート                    :57567.1円→56758.3円(差額:-808.8円)
ボルヒール組織接着用                             :52925.9円→52134.1円(差額:-791.8円)
スピリーバ1.25μgレスピマット60吸入:3358円→2682.3円(差額:-675.7円)
ナゾネックス点鼻液50μg112噴霧用     :3461円→2817.8円(差額:-643.2円)
ボルヒール組織接着用                               :31845.2円→31383.8円(差額:-461.4円)

2020年6月新発売のジェネリック医薬品(追補収載)(ダウンロードあり)

注射薬

注射薬で薬価が大きく下がる品目(上位10品目)

ヘムライブラ皮下注150mg      :1581580円→1344343円(差額:-237237円)
ヘムライブラ皮下注105mg      :1155029円→981775円(差額:-173254円)
ヘムライブラ皮下注90mg                     :1008323円→857075円(差額:-151248円)
ヘムライブラ皮下注60mg                     :705390円→599582円(差額:-105808円)
サンドスタチンLAR筋注用キット30mg:304283円→232624円(差額:-71659円)
ファブラザイム点滴静注用35mg             :728696円→660437円(差額:-68259円)
キイトルーダ点滴静注100mg                 :306231円→242355円(差額:-63876円)
ステラーラ皮下注45mgシリンジ               :445131円→381818円(差額:-63313円)
ヘムライブラ皮下注30mg                       :382969円→325524円(差額:-57445円)

-薬価改定
-2020年, 令和2年, 比較, 薬価改定

執筆者:ojiyaku


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

kakarituke60%

かかりつけ薬剤師を配置している薬局を2022年度までに60%とする

かかりつけ薬剤師を配置している薬局を2022年度までに60%とする   2018年12月10日、経済財政諮問会議において 「新経済・財政再生計画改革工程表2018(原案)」 が開示されました …

H30-4-1-yakka-9%-down

平成30年4月1日適用の薬価を公開、内服薬は平均9%引き下げ

平成30年4月1日適用の薬価を公開、内服薬は平均9%引き下げ   厚生労働省は2018年3月5日、新薬価(4月1日以降)を公開しました。 全体的な薬価の引き下げ額としては 内服薬:平均9%引 …

generic-drugus-H30-4-1

後発医薬品の薬価見直しにより価格乖離の大きい品目が統一名収載となる(平成30年4月1日薬価改定)

後発医薬品の薬価見直しにより価格乖離の大きい品目が統一名収載となる(平成30年4月1日薬価改定) 平成30年4月1日以降の薬価が公開されましたが、その中で価格乖離の大きい後発医薬品が続々と統一名収載へ …

cost-down-yakka

値引き率が大きいと薬価が引き下げられる薬価改定の仕組みを考慮して後発医薬品を選定する方法

値引き率が大きい品目は統一名収載となる薬価改定の仕組みを考慮して後発医薬品を選定する方法   同日発売の後発医薬品であっても、価格乖離(値引き率の大きさ・市場実勢価格)の大きい品目は、翌薬価 …

AG薬が発売された薬の薬価をどんどん下げましょうというルールについて

目次 AG薬が発売された薬の薬価をどんどん下げましょうというルールについてAG薬を発売したら先発品の薬価をどんどん引き下げるルール既存のAG薬の在り方AG薬が発売された薬の薬価をどんどん下げましょうと …

  google adsense




2020年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)

2020年12月発売のGEリスト(エクセルファイル)




yakureki_310

薬歴の悩み解決
m3.com:薬剤師会員制情報サイト
ご興味のある方は是非!